「精炻器展vol.16」市之倉さかづき美術館

「精炻器展vol.16」市之倉さかづき美術館

名称:「精炻器展vol.16」市之倉さかづき美術館
会期:2022年12月9日(金)〜12月25日(金)
開館時間:10:00~17:00
料金:無料
休館日:12/13(火)、20(火)
会場:市之倉さかづき美術館
住所:〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町6-30-1
TEL:0572-24-5911
URL:市之倉さかづき美術館

製陶技術・技法の盛衰が激しい美濃の産地で、三十数年ぶりに復活した工芸的装飾のやきもの「精炻器」。
黄みを帯びたきめ細かい肌に、化粧掛けの多彩な技法で装飾した器は、手仕事の温かみとレトロな雰囲気が魅力です。食器やインテリアなども多数展示いたします。
期間中には実演・絵付けのワークショップも予定しております。
ぜひご高覧並びにご参加ください。
◆主催◆ 精炻器研究会(アダチノポタリ・伊藤純代・猪俣育代・大山孝子・北川喜久枝・栗木栄子・児山文子・曽根洋司・髙木伸彦・田川裕之・中根陽子・日比野衣里・平手快枝・ふくべ窯)
【在廊日】12/ 9(金) (曽根洋司)
【実演日のお知らせ】「化粧掛」や「イッチン」、「刷毛打ち」な技法紹介・実演を行います。[日時]12/ 9(金) ,10(土) , 11(日) ,18(日) 各日13時~
[会場]ギャラリー「宙」

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る