「猪熊佳子 日本画展 森へ~やさしい時間(とき)~」阪神梅田本店

「白い森 鞍馬山」 (岩絵具・青金箔・和紙、P8号) 

名称:「猪熊佳子 日本画展 森へ~やさしい時間(とき)~」阪神梅田本店
会期:2022年12月21日(水)→27日(火)
時間:10時〜20時
会場:8階:ハローカルチャー1
住所:〒530-8224 大阪市北区梅田1丁目13番13号
TEL: 06-6345-1201
URL:阪神梅田本店

「水影 一言力」
(和紙・岩絵具・金箔、F4号)
「水影 一言力」 (和紙・岩絵具・金箔、F4号)

アトリエ近くの森から、原生林や原始の大樹まで、画家 猪熊佳子は長きに渡り森を取材してきました。画業のキャリアは、すでに40年近く。木々を彩るひと葉・ひと枝を描いてきた確かな筆致ならではの、柔らかな色調で紡がれる森の四季と、そこに生きる動物たちが創りだす安らぎの空間をご高覧ください。

「煌めく森へ 赤いツタ」
(和紙・岩絵具・金箔、3号変)
「煌めく森へ 赤いツタ」 (和紙・岩絵具・金箔、3号変)
「青い池―アカゲラ」
(和紙・岩絵具・銀箔、12.8×14.5cm)
「青い池―アカゲラ」 (和紙・岩絵具・銀箔、12.8×14.5cm)
「白い森」
(和紙・岩絵具・銀箔、19.5×19.5cm)
「白い森」 (和紙・岩絵具・銀箔、19.5×19.5cm)


PROFILE 猪熊佳子
1958年京都府生まれ。1984年に京都市立芸術大 学大学院修了、買上げ賞受賞。そのほか主な受賞に1990年第3回川端龍子賞優秀賞、1990年京都府日本画家協会選抜展京都新聞社賞、1998年第6回京都新聞社日本画賞展大賞、1998年第14回京都府文化賞奨励賞、2002年京都市立芸術新人賞、2010年日春展奨励賞、2018年ならびに2021年日展特選など多数。また2020年に“森と水を巡る旅へ”(西武池袋)、2021年には“森への祈り”(三越)など個展も好評を博す。現在、日展会友。

「白い森 鞍馬山」 (岩絵具・青金箔・和紙、P8号) 
「白い森 鞍馬山」 (岩絵具・青金箔・和紙、P8号) 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る