「向田邦子の家時間~着ること食べること住まうこと~」かごしま近代文学館

「向田邦子の家時間~着ること食べること住まうこと~」かごしま近代文学館

名称:「向田邦子の家時間~着ること食べること住まうこと~」かごしま近代文学館
会期:2022年11月16日〜2023年1月23日
会場:かごしま近代文学館
入場料:大人 300円(240円)
   小・中学生 150円(120円)
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※年間パスポートもご利用になれます。
開館時間:9時30分~18時(最終入館は17時30分まで)
休館日:火曜日(1月3日(火)は開館、1月4日(水)は休館)、12月29日~1月1日
住所:〒881-0005 宮崎県西都市大字三宅字西都原西5670番
TEL:0983-41-0041
URL:かごしま近代文学館

「向田邦子の家時間~着ること食べること住まうこと~」かごしま近代文学館
「向田邦子の家時間~着ること食べること住まうこと~」かごしま近代文学館

向田邦子は、ライフスタイルも注目される作家です。向田は35歳の時に一人暮らしを始め、41歳の時に東京・南青山のマンションの一室を購入。この家で執筆用に仕立てた服を着て仕事をし、趣味で集めた骨董の器で食事を楽しみ、気に入りの絵画や壺に囲まれて猫と暮らしました。作家という居職(いじょく)、そして凝り性の彼女は、家での時間を自分流で楽しみました。
本展では、そんな向田のライフスタイルを「衣・食・住」に分け、エッセイや関連資料でご紹介します。
新型コロナウイルスの流行以来、自宅での過ごし方が見直されてきました。
今、改めて向田流の「家時間」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る