「箱の中の交差点」クマ財団ギャラリー

「箱の中の交差点」クマ財団ギャラリー

名称:「箱の中の交差点」クマ財団ギャラリー
会期:2022年12月10日(土)~12月18日(日)
休館日:火・水
開館時間:12:00 〜19:00
料金:無料
会場:クマ財団ギャラリー
主催:公益財団法人クマ財団
ビジュアルイメージ:原田茉琳
住所:〒106-0032 東京都港区六本木7-21-24 THE MODULE roppongi206
URL:クマ財団ギャラリー

若手クリエイターを紹介する企画シリーズKUMA experiment 第五弾開催!
次世代を担うクリエイターの育成に取り組む公益財団法人クマ財団は、クリエイター奨学生第6期・55名が発表するシリーズ『KUMA experiment』の第5弾として企画展「箱の中の交差点」を2022年12月10日(土)〜12月18日(日)に開催いたします。
参加クリエイターは、ジェンダーをテーマに差別などの普遍的な暴力に目を向け、様々な素材を用いた彫刻作品を通じ、鑑賞者の当事者意識を問い直す岩瀬海、自身の中で咀嚼、解釈、デフォルメ、置き換え、勘違い、横転した事象を漫画や立体で具現化し、鑑賞者へのトランスレーションを試みている奥野智萌、家具や彫刻の制作を通して、伝統工芸の手法にデジタル技術を用いて力学的、また素材としての合理性を求め、プロセスの新規性と手法の確立を目指している金子太一、不在の中で誰かの痕跡や気配が個々人のアイデンティティを超え、ただ「生」を示していることに注目し、その存在に触れるための作品を制作している北村侑紀佳、“人間の姿”をテーマに、自身のこれまでの経験や思考に基づきガラス作品を制作している小松実紀の5名。異なる領域で活動するクリエイターが、それぞれの試みを発表します。
Statement
KUMA experiment Vol.5 は「箱の中の交差点」と題し、クマ財団ギャラリーをシュレーディンガーの猫が入れられる箱に見立て、それぞれの表現が交差する空間を作り出します。
あの量子力学に関する有名な思考実験「シュレーディンガーの猫」。この実験を思い浮かべるとき、「猫の生と死」という両面性とともに、存在や物事を捉える際の不確かさを自覚させられます。
今回の展示ではそのような不確実な両面性を二項対立に収めてしまわず、作品そして展覧会内で共存させ、可能性を留保させることを目指します。異なる表現方法で制作を行う5人それぞれの表現が交差することで、箱の中にここだけの作用が生成されることでしょう。
Creator
岩瀬 海 | 奥野 智萌 | 金子 太一 | 北村 侑紀佳 | 小松 実紀

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る