NHK大河ドラマ特別展「どうする家康」静岡市美術館

重要文化財《歯朶具足(伊予札黒糸威胴丸具足)》 桃山時代(16世紀) 久能山東照宮博物館

名称:NHK大河ドラマ特別展「どうする家康」静岡市美術館
期間:2023年11月3日(金・祝)〜12月13日(水)
住所:〒420-0852静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3F
TEL:054-273-1515
URL:静岡市美術館

戦乱の世に次々と起こる予期せぬ出来事に逃げることなく答えを出し続け、泰平の世を切り拓いた徳川家康。本展では、家康の生涯において重要なターニングポイントとなった合戦や事件の数々を、関連する絵画や文書を通してひも解くとともに、武田信玄、織田信長、豊臣秀吉など家康に「どうする?」の決断を迫った人々ゆかりの資料も交えながら、誕生から歿後に東照大権現として祀られるまでの足跡を辿ります。あわせて甲冑、刀剣をはじめ、駿府で暮らした晩年に愛用した茶道具、文房具、装束なども展観し、家康の真の姿を浮き彫りにします。

重要文化財《歯朶具足(伊予札黒糸威胴丸具足)》 桃山時代(16世紀) 久能山東照宮博物館
重要文化財《歯朶具足(伊予札黒糸威胴丸具足)》 桃山時代(16世紀) 久能山東照宮博物館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る