「浮世絵でたどる 信州ゆかりの武将と名所」日本浮世絵博物館

「浮世絵でたどる 信州ゆかりの武将と名所」日本浮世絵博物館

名称:「浮世絵でたどる 信州ゆかりの武将と名所」日本浮世絵博物館
会期:2023年1月4日〜2023年3月26日
会場:日本浮世絵博物館
入場料:一般1,000円
   中学、高校、大学生500円
   (小学生以下無料)
   ※割引料金 以下の方は100円引きで入館できます。
   団体(20名様以上)・障がい者・シニア(60歳以上の方)
   隣接する歴史の里の半券をご持参の方
開館時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜日 (祝祭日・振替休日の場合は開館し、翌日振替休館) 、年末年始
住所:〒390-0852 長野県松本市島立2206-1
TEL :0263-47-4440
URL:日本浮世絵博物館

信州は浮世絵の題材として多く描かれてきました。とりわけ、信州ゆかりの武将を描いた武者絵や、渓斎英泉・歌川広重による「木曽海道六拾九次」に代表される風景画がよく知られています。そうした武者絵・風景画を中心に、浮世絵に描 かれた信州に関連する作品をご紹介します。江戸時代の人々が抱いていた信州に対するイメージに思いを馳せながら、作品をお楽しみください。
前期:1月4日〜2月12日
後期:2月14日〜3月26日
※前期・後期で作品を全点入れ替えます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る