開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之島美術館

開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之島美術館

名称:開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之島美術館
会期:2023年1月21日(土) – 4月2日(日) 
休館日:月曜日(3/20を除く)休館
開催時間:10:00 – 17:00(入場は16:30まで)
会場:大阪中之島美術館 4階展示室
主催:大阪中之島美術館、毎日新聞社、NHK大阪放送局
協賛:大和ハウス工業
助成:令和4年度地域ゆかりの文化資産を活用した展覧会支援事業
観覧料:一般  1700円(1500円)
    高大生 1000円(800円)
    小中生 無料
    *災害などにより臨時で休館となる場合があります。
    *税込み価格。カッコ内は前売料金および20名以上の団体料金。
住所: 〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-3-1
TEL:06-6479-0550
URL: 大阪中之島美術館

北野恒富「宝恵籠」昭和6年(1931)頃 大阪府立中之島図書館
北野恒富「宝恵籠」昭和6年(1931)頃 大阪府立中之島図書館

大阪は商工業都市として発展を続けるとともに、東京や京都とは異なる文化圏を形成し、個性的で優れた芸術文化を育んできました。江戸時代からの流れをくむ近代大阪の美術は、町人文化に支えられ、伝統にとらわれない自由闊達な表現が多彩かつ大きく花開いたといえます。とりわけ大正から昭和前期にかけては画壇としての活動が隆盛を極め、北野恒富(きたの・つねとみ)、島成園(しま・せいえん)、菅楯彦(すが・たてひこ)、矢野橋村(やの・きょうそん)など、多くの画家が個性豊かな作品を生み出しました。
本展は、明治から昭和に至る近代大阪の日本画に光をあて、50名を超える画家による約150点の作品を展示します。また、作品が生まれた背景にも目を向けることで、個々の作品の魅力や画壇のあり方をより深く知るとともに、今につながる大阪の街の文化を浮き彫りにします。

北野恒富「風」大正6年(1917) 広島県立美術館 【展示替え予定】
北野恒富「風」大正6年(1917) 広島県立美術館 【展示替え予定】
北野恒富「五月雨」昭和13年(1938) 大阪中之島美術館 【展示替え予定】
北野恒富「五月雨」昭和13年(1938) 大阪中之島美術館 【展示替え予定】
中村貞以「失題」大正10年(1921) 大阪中之島美術館 【展示替え予定】
中村貞以「失題」大正10年(1921) 大阪中之島美術館 【展示替え予定】
菅楯彦「阪都四つ橋」昭和21年(1946)鳥取県立博物館 【展示替え予定】
菅楯彦「阪都四つ橋」昭和21年(1946)鳥取県立博物館 【展示替え予定】
生田花朝「天神祭」大阪府立中之島図書館
生田花朝「天神祭」大阪府立中之島図書館
矢野橋村「那智邦拝」昭和18年(1943)大阪市立美術館
矢野橋村「那智邦拝」昭和18年(1943)大阪市立美術館
森琴石「獨樂園図」明治17年(1884)西宮K氏コレクション 【展示替え予定】
森琴石「獨樂園図」明治17年(1884)西宮K氏コレクション 【展示替え予定】
平井直水「梅花孔雀図」明治37年(1904)大阪中之島美術館 【展示替え予定】
平井直水「梅花孔雀図」明治37年(1904)大阪中之島美術館 【展示替え予定】
島成園「祭りのよそおい」大正2年(1913)大阪中之島美術館
島成園「祭りのよそおい」大正2年(1913)大阪中之島美術館
橋本花乃「七夕」昭和5-6年(1930–31)頃 大阪中之島美術館 【展示替え予定】】
橋本花乃「七夕」昭和5-6年(1930–31)頃 大阪中之島美術館 【展示替え予定】】
吉岡美枝「店頭の初夏」昭和14年(1939)大阪中之島美術館
吉岡美枝「店頭の初夏」昭和14年(1939)大阪中之島美術館
開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之島美術館
開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之島美術館
開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之島美術館
開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之島美術館島美術館
開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之島美術館
開館1周年記念特別展「大阪の日本画」大阪中之島美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る