安珠 「ある少女の哲学」シャネル・ネクサス・ホール

©Anju

名称:安珠 「ある少女の哲学」シャネル・ネクサス・ホール
会期:2023年1月18日(水)~2023年2月12日(日)
開館時間:11:00 〜 19:00
入場料:無料
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング 4F
TEL:03-6386-3071
URL:シャネル・ネクサス・ホール

「A girl philosophy」展では、写真家・安珠がライフワークとして取り組んできた、「少年少女の内なる世界」を表現するシリーズの最新作を紹介します。ヨーロッパでモデルとして活躍していたときから撮影活動をスタートし、『少女の行方』や『サーカスの少年』などの作品で、物語性のある独特の世界観を表現してきました。本展はその最新作約50点と映像、過去の作品を交えて構成されます。
『不思議の国のアリス』や『青い鳥』といった、誰もが知るさまざまな児童文学をモチーフに 、ある少女が目にし、その心に留めた出来事について内省を深めていく過程を写真で表現します。目に見えないものを写し撮りたいと語る安珠の作品群が描き出すのは、不確かな現実に生きる少女が、真理を求め旅する夢幻の物語の世界です。

©Anju
©Anju

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  3. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
ページ上部へ戻る