長島有里枝 「ケアの学校」Minatomachi POTLUCK BUILDING

長島有里枝 「ケアの学校」Minatomachi POTLUCK BUILDING

名称:長島有里枝 「ケアの学校」Minatomachi POTLUCK BUILDING
会期:2023年1月14日(土)~2023年3月18日(土)
開館時間:11:00 〜 19:00
休館日:日曜日、月曜日、祝日
   2月11日は開館
入場料:無料
会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING
企画:Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya](青田真也、吉田有里)
主催:港まちづくり協議会協 力名古屋学芸大学、名古屋芸術大学、MAHO KUBOTA GALLERY
助成:公益財団法人 福武財団、公益財団法人 花王芸術・科学財団、公益財団法人 朝日新聞文化財団
住所:〒455-0037 愛知県名古屋市港区名港1-19-23
TEL:052-654-8911
URL:Minatomachi POTLUCK BUILDING

Minatomachi POTLUCK BUILDINGでは、アーティスト・長島有里枝と「ケア」について学びあうプロジェクトを行います。長島はこれまで写真やインスタレーション、文章などの作品を通して、社会における周縁化されがちな人びとや事象をテーマに、フェミニズム的な視座から創作を行ってきました。本プロジェクトでは長島が港まちに滞在し、会場を自身のスタジオとして公開します。会期中、デビュー当時から取り組んでいる「セルフポートレート」の概念を通底させながら、これまでの表現に加え、パフォーマンスなど新たな手法にも向き合います。また地域の人や来場者とともに、時間や場所を共有し、対話や交流を重ねることで、さまざまな出来事をつくりながら、他者と自身のための「ケア」について考え、実践します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る