「美術と考古でみる、ここらへんの生活」新潟市新津美術館

「美術と考古でみる、ここらへんの生活」新潟市新津美術館

名称:「美術と考古でみる、ここらへんの生活」新潟市新津美術館
会期:2023年1月14日(土)~2023年3月12日(日)
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:月曜日 2月20日・3月6日は開館
入場料:一般 500円、大学生・高校生 300円、中学生以下・障害者手帳提示 無料
住所:〒956-0846新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢109-1
TEL:0250-25-1300
URL:新潟市新津美術館

伊藤赤水 無名異窯変壺 1981 新潟市新津美術館蔵
伊藤赤水 無名異窯変壺 1981 新潟市新津美術館蔵

美術品と考古資料を、掛け合わせてみると…?当館と新潟市美術館のコレクションを、市内から発掘された資料と一緒に展示することになりました。
テーマは、「ここらへんの生活」です。発掘されたモノは、過去の人々がいかに暮らしてきたかを語りかけます。美術品も、時代精神を映す鏡であり、人間の生き方や心の働きについて共感や想像を呼び起こします。共に、私たち自身の生活ぶりに深く関わるさまざまな事柄―新潟という風土・生業・技術・機能と形・日常と非日常など―を見つめ直すきっかけを与えてくれるのです。
この「身近さ」こそ、美術と考古の最大公約数だと考えて選んだ品々が並びます。美術からは、小島丹漾(たんよう)、猪爪彦一、倉俣史朗、東松照明ほか現代の作家による絵画・立体・写真、考古からは、主に秋葉区や周辺地域の遺跡から出土した旧石器時代~中世の資料です。各々の間に生まれる共鳴(不協和音?)を、楽しみながら感じていただければ幸いです。

小島丹漾 北国の春信 1971 新潟市新津美術館蔵
小島丹漾 北国の春信 1971 新潟市新津美術館蔵
猪爪彦一 風景(部分) 2017 新潟市新津美術館蔵
猪爪彦一 風景(部分) 2017 新潟市新津美術館蔵
秋葉遺跡(新潟市秋葉区)の王冠型土器 縄文時代 新潟市文化財センター蔵
秋葉遺跡(新潟市秋葉区)の王冠型土器 縄文時代 新潟市文化財センター蔵
早川和子 古津八幡山遺跡周辺イラストマップ(部分) 2012 新潟市文化財センター提供
早川和子 古津八幡山遺跡周辺イラストマップ(部分) 2012 新潟市文化財センター提供

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る