「ウッドワン美術館収蔵作品展」はつかいち美術ギャラリー

《有心》1994年

名称:「ウッドワン美術館収蔵作品展」はつかいち美術ギャラリー
会期:2023年1月4日〜2023年2月12日
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日 ※祝日(1/9)は開館し、翌平日(1/10)を休館
会場:はつかいち美術ギャラリー
入場料:300円、65才以上・大学生200円《要年齢証明》 高校生以下・障害者手帳等お持ちの方は無料
住所:〒738-0023広島県廿日市市下平良1-11-1
TEL:0829-20-0222
URL:はつかいち美術ギャラリー

《素心》2000年
《素心》2000年

ウッドワン美術館収蔵作品展は、1997年の開館以来、ウッドワン美術館の収蔵品の中から精選して紹介する展覧会です。
29回目となる今回は、「照沼彌彦展 現身の実相」と題し、広島市似島出身、現在 東広島市在住の画家・照沼彌彦の作品を展覧します。
確かな描写力と古今東西の芸術・美学研究から得た広範な素養によって、静謐で思想性の深い独自の画風を確立した照沼彌彦。
本展では、油彩画約20点、デッサン・習作約20点、書、学生時代の作品などを含む約40点の作品を一堂に公開します。
今回、広島日赤第一期生看護師でもあった母の肖像《TARACHINE》(S60号、広島初公開)とその戦時中の関係資料(召集令状・写真等の一部)も展示公開します。
見えるものを通して 見えないものを描こうとする画家渾身の表現をご覧ください。

《Orientalis》2001年
《Orientalis》2001年
《寧》1994年
《寧》1994年
《有心》1994年
《有心》1994年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る