「小杉焼に魅せられて」射水市新湊博物館

「小杉焼に魅せられて」射水市新湊博物館

名称:「小杉焼に魅せられて」射水市新湊博物館
会期:2022年12月2日〜2023年2月12日
会場:射水市新湊博物館
入場料:一般 310円(250円)
   中学生以下無料
   65歳以上の方・障がいのある方 150円(120円)
   ※( )内は20名以上の団体料金です。
   ※障がいのある方で手帳をお持ちの方は割引できます。その際の付添の方は1名様が無料です。
開館時間:午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日:火曜日・祝日の翌日(火曜日が祝日、祝日の翌日が土・日の場合は開館)
住所:〒934-0049富山県射水市鏡宮299
TEL:0766-83-0800
URL:射水市新湊博物館

射水郡小杉新町で小杉焼が始まったのは、今から200年前の文化13年(1816)頃とされています。
窯を開いたのは相馬焼(福島県)で陶技を学んで帰郷した名工、高畑与右衛門(よえもん)で、洗練された優雅な作品を数多く手がけました。
その後2・3代与右衛門、4代陶山(からつやま)三十郎が小杉焼を受け継ぎ、明治30年代までおよそ80年続きました。
江戸時代後期、日本各地で多くの窯が築かれましたが、「小杉青磁(せいじ)」と呼ばれる釉色の美しさは他に比類がありません。
また、細かくて堅い地元の炻器(せっき)粘土を用い、薄く成形し引き締まった小ぶりの鴨(かも)徳利や瓢(ひさご)徳利が有名です。
艶のある釉薬と品格の高い優美な器形から、地方窯の雄として全国に知られる名陶です。
本展では、寄贈・寄託作品を含め、選りすぐりの優品70点余を紹介しています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る