「牧野植物園がやってきた展。」ほぼ日曜日

「牧野植物園がやってきた展。」ほぼ日曜日

名称:「牧野植物園がやってきた展。」ほぼ日曜日
会期:2023年2月1日(水)-2023年3月5日(日)
場所:ほぼ日曜日
時間:11:00〜20:00
入場料:無料
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ8F
TEL:03-3464-5111
URL:ほぼ日曜日

牧野富太郎(まきの とみたろう)
という、ひとりの植物分類学者がいました。
牧野博士が日本中の植物を観察し、
分類をするために
全国を駆け巡っていたのは、
いまから約100年前のことです。
「日本の植物分類学の父」と呼ばれ
94年の生涯で収集した標本は
なんと約40万枚にも及びます。
さらに、新種や新品種など
1,500種類以上もの植物を命名した牧野博士。
みずから観察して描いた
植物図のうつくしさでも、
その名前が広まりました。
展覧会タイトルにある
「高知県立牧野植物園」は
高知県の山にひろがる広大な自然のなかで
牧野博士のことを伝えてくれる場所です。
すばらしいこの植物園を
おすすめしたい気持ちをもちながら、
東京・渋谷でひらく本展では
牧野博士という人物と膨大なお仕事の
ほんのひとかけらを、入口のように紹介します。
会場にならぶ植物図の複製は50点以上。
また、牧野博士の植物標本を撮影した
写真家・菅原一剛さんの作品も展示。
博士ゆかりの草木をつかった
tretreのブレンドティーも
高知からやってきます。
いまは寒くても、つぎの季節はもう春です。
だんだんと春に近づいていくときのように
こころあたたかな催しになると思います。
牧野博士のことをはじめて知る方にとっても
興味の入口になったらうれしいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る