世田谷美術館コレクション選「わたしたちは生きている!セタビの森の動物たち」世田谷美術館

世田谷美術館コレクション選「わたしたちは生きている!セタビの森の動物たち」世田谷美術館

名称:世田谷美術館コレクション選「わたしたちは生きている!セタビの森の動物たち」世田谷美術館
会期:2023年2月18日(土)〜4月9日(日)
開館時間:10:00〜18:00(最終入場は17:30まで)
休館日:月曜日
観覧料:一般 500円、65歳以上 400円、高校・大学生 400円、小・中学生 300円、未就学児 無料
※障害者は300円(小学・中学・高校・大学生の障害者は無料)、また介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
会場:世田谷美術館 1階展示室
主催:世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
住所:〒157-0075東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011
URL:世田谷美術館

稲垣知雄 《箱入り猫》 1970年 世田谷美術館蔵
稲垣知雄 《箱入り猫》 1970年 世田谷美術館蔵

わたしたち人間は、太古の昔から、犬、猫、鳥、牛、馬などさまざまな生き物と共に暮らしてきました。そして、多くのアーティストたちも身近な動物たちを恰好のモチーフとして作品に描いてきました。本展では、当館のコレクションから古今東西、様々な手法で表現されたいろいろな動物の作品をご覧いただきます。共に生き、時にわたしたちの思いを乗せ、絵画に、彫刻に登場する動物たちの姿をお楽しみください。コロナ禍を経験した後の新生活スタイルを意識したオンラインコンテンツやワークショップなどの関連イベントも予定しています。
(公式HPより)

宮本三郎 《乳牛》 1958年頃 世田谷美術館蔵
宮本三郎 《乳牛》 1958年頃 世田谷美術館蔵
フェルディナン・デスノス 《鹿》 1925年 世田谷美術館蔵
フェルディナン・デスノス 《鹿》 1925年 世田谷美術館蔵
柳原義達 《道標・鴉》 1991年 世田谷美術館蔵 撮影:上野則宏
柳原義達 《道標・鴉》 1991年 世田谷美術館蔵 撮影:上野則宏
ムスタファ・ディメ 《空想の動物たち》 1994年 世田谷美術館蔵
ムスタファ・ディメ 《空想の動物たち》 1994年 世田谷美術館蔵
オルネオーレ・メテッリ 《楽師と猫》 1937年 世田谷美術館蔵
オルネオーレ・メテッリ 《楽師と猫》 1937年 世田谷美術館蔵
稗田一穂 《みみづく》 1951年 世田谷美術館蔵
稗田一穂 《みみづく》 1951年 世田谷美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る