生誕140年「清水比庵展~芸術に遊ぶ」高梁市歴史美術館

生誕140年「清水比庵展~芸術に遊ぶ」高梁市歴史美術館

名称:生誕140年「清水比庵展~芸術に遊ぶ」高梁市歴史美術館
会期:2023年2月18日(土)〜2023年5月22日(月)
会場:高梁市歴史美術館  高梁市文化交流館2階
時間:9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:火曜日 
   3月21日火曜日は開館、翌日休館
観覧料:一般 500円
   65歳以上・高校・大学生 300円
   中学生以下 無料
   障がい者手帳を持参の人と介助者1名は無料
住所:〒716-0043 岡山県高梁市原田北町1203-1
TEL:0866-21-0180
URL:高梁市歴史美術館

生誕140年「清水比庵展~芸術に遊ぶ」高梁市歴史美術館
生誕140年「清水比庵展~芸術に遊ぶ」高梁市歴史美術館

清水比庵(しみずひあん 1883-1975)は高梁市出身の歌人であり、書と画を加えた三芸による独自の芸術を作り出した人物です。備中松山藩士を祖父とし旧制高梁中学校に通った比庵は、高梁の地で約80年に及ぶ芸術活動の礎を築きました。
少年時代に芽吹いた歌・書・画への興味を生涯持ち続け、誰に師事することもなく修練を重ね、老年期に大きく開花しました。比庵は伝統的な文人の書画を踏襲しながら、全く新しい表現方法を生み出します。そして晩年まで留まることなく新しい表現を模索し続けました。84歳のとき、宮中歌会始の儀の召人に選ばれてからは一躍時の人となり、”今良寛”と呼ばれ多くのファンに愛されました。
令和5年(2023)は清水比庵生誕140年の記念の年です。今展では比庵の生涯を紹介するとともに、比庵が究めた三芸について、また高梁との繋がりについても紹介します。

《春の人なり》昭和49年
《春の人なり》昭和49年
《耕して》昭和46年
《耕して》昭和46年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る