「開館35周年記念展 所蔵企画 35アーティスト vol.Ⅱ」メナード美術館

「開館35周年記念展 所蔵企画 35アーティスト vol.Ⅱ」メナード美術館

名称:「開館35周年記念展 所蔵企画 35アーティスト vol.Ⅱ」メナード美術館
会期:2023年1月6日(金)〜2023年4月2日(日)
   ※一部展示替えがあります
   前期:1月6日(金)~2月19日(日)
   後期:2月21日(火)~4月2日(日)
会場:メナード美術館
時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 1月10日(火)
   ※ただし、1月9日は開館
観覧料:一般 900円
   高大生 600円
   小中生 300円
   ※障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料
住所:〒485-0041愛知県小牧市小牧5-250
TEL:0568-75-5787
URL:メナード美術館

フィンセント・ファン・ゴッホ《一日の終り(ミレーによる)》1889~90年 メナード美術館蔵
フィンセント・ファン・ゴッホ《一日の終り(ミレーによる)》1889~90年 メナード美術館蔵

1987年に開館したメナード美術館は、2022年10月に開館35周年を迎えます。それを記念して、メナード美術館を代表する作家35人を選んで紹介する展覧会「35アーティスト」を開催します。
vol.Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと3回に分け、35人を軸にゆかりのある作家たちも共に紹介し、メナード美術館のコレクションをより深くお楽しみいただきます。
◆ vol.Ⅱのおもな出品作家
フィンセント・ファン・ゴッホ
ジェームズ・アンソール
尾形光琳(前期展示)
葛飾応為(後期展示)
安田靫彦
梅原龍三郎
国吉康雄
高村光太郎
鈴木五郎

葛飾応為《夜桜美人図》19世紀中頃 メナード美術館蔵 ※展示期間2/21~4/2
葛飾応為《夜桜美人図》19世紀中頃 メナード美術館蔵 ※展示期間2/21~4/2
ジェームズ・アンソール 仮面の中の自画像 1899 油彩、カンヴァス 117.0×82.0cm
ジェームズ・アンソール 仮面の中の自画像 1899 油彩、カンヴァス 117.0×82.0cm
尾形光琳 《三十六歌仙図》18世紀(江戸時代中期)]
尾形光琳 《三十六歌仙図》18世紀(江戸時代中期)]
国吉康雄 《女は廃墟を歩く》1945~46
国吉康雄 《女は廃墟を歩く》1945~46
高村光太郎 《栄螺》1930
高村光太郎 《栄螺》1930

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る