「構築される「遺跡」:KeMCo建設で発掘したもの・しなかったもの」慶應義塾ミュージアム・コモンズ

「構築される「遺跡」:KeMCo建設で発掘したもの・しなかったもの」慶應義塾ミュージアム・コモンズ

名称:「構築される「遺跡」:KeMCo建設で発掘したもの・しなかったもの」慶應義塾ミュージアム・コモンズ
会期:2023年3月6日(月)〜4月27日(木)
開館時間:11:00–18:00
料金:無料
休館日:土・日・祝日は休館 ※3月18日(土)、4月22日(土)は特別開館、3月13日(月)、4月17日(月)は臨時休館
会場:慶應義塾ミュージアム・コモンズ
住所:東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学三田キャンパス東別館
TEL:03-5427-2021
URL:慶應義塾ミュージアム・コモンズ

「構築される「遺跡」:KeMCo建設で発掘したもの・しなかったもの」慶應義塾ミュージアム・コモンズ
「構築される「遺跡」:KeMCo建設で発掘したもの・しなかったもの」慶應義塾ミュージアム・コモンズ

「遺跡」とはなんだろうか。一般には、歴史的過去に属する人々の活動の痕跡が存在する場所をいう。痕跡の多くは地中に埋もれている。だから、「遺跡」の内容を明らかにするには発掘が必要になる。
慶應義塾はミュージアム・コモンズ(KeMCo)の建設にあたり、この地に残る痕跡を対象とする発掘を行った。工事で失われる前にその記録と遺物を将来に残すためである。この発掘で私たちは縄文時代から江戸時代に至るさまざまな痕跡を見出し、多くの成果を得た。
一方、私たちはこの地に残る痕跡をすべて発掘したわけではない。例えば自然現象の痕跡、近代以降の痕跡は対象にしなかった。発掘は実のところ痕跡を選択する行為であり、「遺跡」とそこで語られる「歴史」はその選択により構築されるものでもある。
この展覧会では、選択によって得た成果とともに、選択しなかったものにも目を向ける。構築された枠組みをいったん外してみることで、「遺跡」と「歴史」のあり方を問い直す機会としたい。

高坏形土器 弥生時代後期・2-3世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
高坏形土器 弥生時代後期・2-3世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
円面硯 奈良時代・8世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
円面硯 奈良時代・8世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
渥美産・常滑産陶器 鎌倉時代・12-13世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
渥美産・常滑産陶器 鎌倉時代・12-13世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
漆器 江戸時代・17世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
漆器 江戸時代・17世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
「三田二町...」銘瓶 江戸時代・18-19世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
「三田二町…」銘瓶 江戸時代・18-19世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
「うちた」銘徳利 江戸時代・18-19世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
「うちた」銘徳利 江戸時代・18-19世紀 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
日吉の学食食器 戦中-戦後 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)
日吉の学食食器 戦中-戦後 撮影:村松桂(株式会社カロワークス)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る