「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」太田記念美術館

歌川国芳「猫の百面相 (荒獅子男之助ほか)」(前期)個人蔵

名称:「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」太田記念美術館
会期:2023年4月1日(土)〜2023年5月28日(日)
   前期:4月1日(土)~4月25日(火)
   後期:4月29日(土・祝)~5月28日(日)
   ※前後期で全点展示替え
会場:太田記念美術館
時間:10:30〜17:30 (最終入場時間 17:00)
休館日:月曜日 
   4月26日~4月28日(展示替えのため)
観覧料:一般 1,200円
   大高生 800円
   中学生以下 無料
住所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:太田記念美術館

「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」太田記念美術館
「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」太田記念美術館

浮世絵にはさまざまな動物が描かれましたが、中でもペットとして最も多く描かれたのは猫でした。さらに猫は、踊ったり学校に通ったりする擬人化された猫、化け猫など、あらゆる姿で表現されています。
本展では、歌川国芳の名品はじめ、歌川広重や月岡芳年らの優品、さらには子ども向けの「おもちゃ絵」など、猫を題材とした多彩な作品を紹介します。
かわいらしくてユーモラス、時に神秘的な浮世絵の猫の魅力を存分にお楽しみいただけることでしょう。

歌川国芳「猫の当字 かつを」(前期)個人蔵
歌川国芳「猫の当字 かつを」(前期)個人蔵
歌川国芳「其まゝ地口 猫飼好五十三疋 上中下」(後期)ギャラリー紅屋蔵
歌川国芳「其まゝ地口 猫飼好五十三疋 上中下」(後期)ギャラリー紅屋蔵
歌川国芳「猫の百面相 (荒獅子男之助ほか)」(前期)個人蔵
歌川国芳「猫の百面相 (荒獅子男之助ほか)」(前期)個人蔵
歌川国芳「流行猫の曲鞠」(前期)個人蔵
歌川国芳「流行猫の曲鞠」(前期)個人蔵
歌川国芳「流行猫じやらし」(後期)個人蔵
歌川国芳「流行猫じやらし」(後期)個人蔵
歌川国芳『朧月猫の草紙』6編上下表紙(前期)個人蔵
歌川国芳『朧月猫の草紙』6編上下表紙(前期)個人蔵
歌川芳藤「小猫を集め大猫とする」(後期)個人蔵
歌川芳藤「小猫を集め大猫とする」(後期)個人蔵
歌川国芳「山海愛度図会 ヲゝいたい」(後期)個人蔵
歌川国芳「山海愛度図会 ヲゝいたい」(後期)個人蔵
月岡芳年「古今比売鑑 薄雲」(前期)個人蔵
月岡芳年「古今比売鑑 薄雲」(前期)個人蔵
歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」(後期)太田記念美術館
歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」(後期)太田記念美術館
歌川国芳「鼠よけの猫」(後期)ギャラリー紅屋蔵
歌川国芳「鼠よけの猫」(後期)ギャラリー紅屋蔵
歌川芳藤「新板猫の温泉」(前期)個人蔵
歌川芳藤「新板猫の温泉」(前期)個人蔵
作者不詳「大なまづ ねこのたハむれ」(後期)個人蔵
作者不詳「大なまづ ねこのたハむれ」(後期)個人蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る