「幕末・明治の水戸金工」清水三年坂美術館

「幕末・明治の水戸金工」清水三年坂美術館

名称:「幕末・明治の水戸金工」清水三年坂美術館
会期:2023年3月18日(土)〜2023年6月4日(日)
会場:清水三年坂美術館
時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 火曜日 
   ※月・火曜日ともに祝日は開館
観覧料:一般 1,000円
   大・高・中学生 600円
   小学生 300円
   ※障害者手帳をお持ちの方と付き添い者1名は50%割引
住所:〒605-0862京都府京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水3-337-1
TEL:075-532-4270
URL:清水三年坂美術館

《護法善神図合口拵》萩谷勝平 撮影:木村羊一
《護法善神図合口拵》萩谷勝平 撮影:木村羊一

江戸時代、刀の鐔や小柄といった装剣金具の制作において、一大流派を成した水戸の金工。精緻な高肉彫を特色の一つとし、龍虎や人物、花鳥などの図様を生き生きと表現して人気を博しました。
特に江戸末期から明治にかけて多くの名工を輩出します。萩谷勝平、海野美盛、海野勝珉らは廃刀令が出された後も輸出向け製品としての装剣金具や調度品などを制作し、名声を高めました。  
本展では、清水三年坂美術館が所蔵する幕末から明治期に作られた装剣金具、印籠、喫煙具、花瓶などの逸品を展覧します。

《棕櫚図花瓶》海野美盛 撮影:木村羊一
《棕櫚図花瓶》海野美盛 撮影:木村羊一
《蜻蛉図目貫》海野勝珉 撮影:木村羊一
《蜻蛉図目貫》海野勝珉 撮影:木村羊一
《閻魔図さぐり》海野勝珉 撮影:木村羊一
《閻魔図さぐり》海野勝珉 撮影:木村羊一

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る