「オードリー・ヘプバーン写真展-AUDREY in Cinema」美術館「えき」KYOTO

『マイ・フェア・レディ(1964)』より』 Bob Willoughby/mptvimages.com

名称:「オードリー・ヘプバーン写真展-AUDREY in Cinema美術館「えき」KYOTO
会期:2023年4月1日(土)~5月14日(日) ※会期中無休
開館時間:午前10時~午後7時30分 
入館締切:閉館30分前
入館料(税込):
   一般 900円(700円)
   高・大学生 700円(500円)
   小・中学生 500円(300円)
   ※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。
主催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞
企画制作:クレヴィス
住所:〒600-8555京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町JR京都伊勢丹7F
TEL:075-352-1111
URL:美術館「えき」KYOTO

「オードリー・ヘプバーン写真展」美術館「えき」KYOTO
「オードリー・ヘプバーン写真展」美術館「えき」KYOTO

女優、オードリー・ヘプバーン(1929-1993 ベルギー生まれ)は、バレリーナを夢見ていた女の子でした。
1948年にロンドンに渡り、バレエスクールに入学しますが、高身長のためプリマを断念。その後いくつかの舞台や映画に出演していましたが、1951年、映画『モンテカルロへ行こう』撮影時にフランスの作家シドニー=ガブリエル・コレットに見いだされ、ブロードウエィ・ミュージカル『ジジ』の主演女優に抜擢されます。そしてハリウッド映画『ローマの休日』のスクリーンテストに見事合格、王女役をつかみ取ったオードリーは気品に満ちたプリンセスを可憐に演じ、一躍スターへの道を歩み始めます。
前髪を短く切り、サイドをカールした髪型”ヘプバーンカット“は話題を呼び、映画『麗しのサブリナ』では
自らがジバンシィのパリ・コレクションより衣装を選びました。黒のトップス、細身の八分丈パンツにフラットシューズは”サブリナ・ファッション“として世界中にブームを巻き起こし、ファッションアイコンとしても多くの女性のあこがれの的となりました。『ローマの休日』『パリの恋人』『ティファニーで朝食を』『シャレード』『パリで一緒に』『マイ・フェア・レディ』『おしゃれ泥棒』など数多くの映画を大ヒットさせ、プライベートでは二人の息子の母となり、また晩年にはユニセフ(国際連合児童基金)親善大使として困難な生活を送る子どもの保護活動に貢献しました。オードリーの信念のある生き方は、今も多くの人の共感を得ています。
本展は、2023年が没後30年となることを機に、彼女が出演した映画をテーマに、著名な写真家の作品を含む約120点の写真を展覧します。

「オードリー・ヘプバーン写真展」美術館「えき」KYOTO
「オードリー・ヘプバーン写真展」美術館「えき」KYOTO
『麗しのサブリナ(1954)より』
©Bud Fraker/ mptvimages.com
『麗しのサブリナ(1954)より』 ©Bud Fraker/ mptvimages.com
『ローマの休日(1953)より』
mptvimages.com
『ローマの休日(1953)より』 mptvimages.com
『パリの恋人(1957)』より
©Bud Fraker/ mptvimages.com
『パリの恋人(1957)』より ©Bud Fraker/ mptvimages.com
『ティファニーで朝食を(1961)より』
mptvimages.com
『ティファニーで朝食を(1961)より』 mptvimages.com
『マイ・フェア・レディ(1964)』より』
Bob Willoughby/mptvimages.com
『マイ・フェア・レディ(1964)』より』 Bob Willoughby/mptvimages.com

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る