「明治大正ガラス名品展 日本のガラスモダンアート」瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

「明治大正ガラス名品展 日本のガラスモダンアート」瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

名称:「明治大正ガラス名品展 日本のガラスモダンアート」瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館
会期:令和5年9月21日(木)~令和6年4月16日(日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
   ※予約制ですので事前にご連絡下さい。 
休館日:火・水曜日
住所:〒790-0847愛媛県松山市道後緑台7-21
TEL:089-922-3771
URL:瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

活きよく跳ね、匂うばかりに美しい雄大な鯛の皿。透明ガラスの外側に赤色ガラスを被せ、日本独特の切子のぼかし技法を用いて鱗や鰭を巧妙にカットし、見事に鯛を表現しています。優れたカット技法、赤の発色の美しさ、ガラス質の良さは、まさに明治大正ガラスを代表する名品といえるでしょう。
江戸時代のびいどろ・ぎやまんから近代的な明治大正ガラスへと花ひらいていく過程を、初公開の作品を揃えてお披露目します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る