「至宝の名品-学芸員のイチオシ 古文書編-」長野県立歴史館

「至宝の名品-学芸員のイチオシ 古文書編-」長野県立歴史館

名称:「至宝の名品-学芸員のイチオシ 古文書編-」長野県立歴史館
会期:2023年3月18日〜2023年5月28日
開館時間:3月~11月:9時~17時(ただし、入館は16時30分まで)
   12月~2月:9時~16時(ただし、入館は15時30分まで)
休館日:月曜日・3月22日(水曜日)
会場:長野県立歴史館
入場料:企画展のみ:一般300円(200円) 大学生150円(100円)
   企画展+常設展:一般500円(400円)、大学生250円(200円)
   常設展のみ:一般300円(200円)、大学生150円(100円)
   ※高校生以下は無料・( )内は20名以上の団体料金
住所:〒387-0007長野県千曲市屋代清水260-6
TEL:026-274-2000
URL:長野県立歴史館

「至宝の名品-学芸員のイチオシ 古文書編-」長野県立歴史館
「至宝の名品-学芸員のイチオシ 古文書編-」長野県立歴史館

長野県立歴史館では、2021年から、当館所蔵の歴史的価値の高い史資料を分野ごとに公開する所蔵品展を開催しています。今年は古文書を取り上げ、形態のみならず「花押」や「印判」に注目します。当館学芸員が“イチオシ”する逸品を堪能してください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る