「由緒を誇る 越中ゆかりの武士たちの履歴書」富山市佐藤郷土博物館

「由緒を誇る 越中ゆかりの武士たちの履歴書」富山市佐藤郷土博物館

名称:「由緒を誇る 越中ゆかりの武士たちの履歴書」富山市佐藤郷土博物館
会期:2023年2月11日〜2023年4月23日
開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日:3月8日(水)
会場:郷土博物館
入場料:大人 210円(170円)
   高校生以下無料
   ※( )内は20名以上の団体料金 
   ※この料金で常設展もご覧いただけます。
住所:〒930-0081 富山市本丸1-62
TEL:076(432)7911
URL:富山市佐藤郷土博物館

「由緒を誇る 越中ゆかりの武士たちの履歴書」富山市佐藤郷土博物館
「由緒を誇る 越中ゆかりの武士たちの履歴書」富山市佐藤郷土博物館

日本では戦国時代まで、一部の公家や上級の武家、寺社などで、身分や特権の正統性を主張するため、個人や集団の来歴を記した「由緒書」を作ることがありました。これらは、自家の由緒を他家に示すとともに、そのことを後世に伝えていく重要な記録だったのです。やがて、江戸時代になると、一般の武士だけでなく百姓や町人、職人たちなどの間でも、由緒書が作られていきました。
このことは、越中においても例外ではありません。武士たちが自らの戦功を子孫へ伝えるために書き遺したものや、主家に命じられて先祖の功績を書き上げたものなどが残されています。それらは、各家にとっての履歴書ともいえるでしょう。
本展では、江戸時代の越中ゆかりの武士たちが記した由緒書を主に取り上げます。彼らが誇る驚くべき血筋や知られざる武勇伝に注目してご覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る