「加藤 康司 自主回顧展:もう一度思い出す Koji Kato “Auto-Retrospective”」アイ・ココ ギャラリー

「加藤 康司 自主回顧展:もう一度思い出す Koji Kato “Auto-Retrospective”」アイ・ココ ギャラリー

名称:「加藤 康司 自主回顧展:もう一度思い出す Koji Kato “Auto-Retrospective”」アイ・ココ ギャラリー
会期:2023年3月9日(木)〜3月25日(土)
開館時間:木・金・土・祝 オープン
   要事前予約(各回30分・最大5名様まで)
   ご予約は前日までに、以下URLから申し込みください。
料金:入場無料
トークイベント:
   3月11日(土)17:00 ~  ゲスト:木村絵理子(横浜美術館主任学芸員)
   3月18日(土)17:00 ~  ゲスト:星野太(美学、表象文化論)
   各回1時間程度・最大8名様まで
休館日:日・月・火・水
会場:AI KOKO GALLERY
住所:〒130-0025 東京都墨田区千歳2-10-4 チトセマンション303
TEL:050-5806-5596
URL:アイ・ココ ギャラリー

「加藤 康司 自主回顧展:もう一度思い出す Koji Kato “Auto-Retrospective”」アイ・ココ ギャラリー
「加藤 康司 自主回顧展:もう一度思い出す Koji Kato “Auto-Retrospective”」アイ・ココ ギャラリー

AI KOKO GALLERYはこの度新スペースに移転しました。
柿落としの展覧会として加藤康司の2度目の個展を開催いたします。
加藤は近年、特定の土地や物が持つ歴史的背景に焦点を当て、独自の視点から過去と現在、大きな物語と小さな物語、社会的な問題と個人的な物語を接続し、等身大のフィルターを通して新たに”物語る”映像作品を中心に制作してきました。
本展では「自主回顧展」と題した、アーティスト自身がこれまで作品を通じてリサーチしてきた「米軍基地」、「インドネシアと出島」、「父親」、「広島の慰霊碑」、「モンタヌスの『日本誌』」など、異なる様々なテーマを再度取り上げ、その関係性を紐解き直す自主企画の個展を開催します。
来場者特典NFTとして、昨年2月にAI KOKO GALLERYで初公開された「空想紀行」を社会学者・毛利嘉孝が書きおろしたレビューのオリジナルデザインデータを無料配布します。
アーティストステイトメント:
最近すごく忘れっぽい人間になってしまった。
目の前の制作や仕事に集中して、それらを積み重ねていくごとに、何か大事なことを少しずつ忘れていってしまっているような、慢性的な不安にかられてしまう。
制作はいつも、その時その瞬間の、目の前にある大切なこと、重要なことに目を向け、そこに形を与えていく作業のようなもの。映像であれ、彫刻であれ、絵画であれ、そのメディウムに記憶や意志を込める。
そしてその、大切だと思った何かを描いた痕跡が、自分の中の一部になったような感覚と共に、自身の活動の一部と称したりする。だからこそ、いつもそこには自分らしさが重要だったりする。
人は忘れる生き物だから、といえばそれまでの話だが、忘れるべきではない(忘れたくない!)という抗う気持ちも、当然ある。
この展覧会は、かつて触れていたこと、考えていたこと、大切だった何かを描き直し、当時の感覚を「展覧会」を通じてもう一度語り直すための自伝的”回顧録”としたい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 特別企画展「おおさか街あるき―キタ・ミナミ―」大阪歴史博物館
ページ上部へ戻る