特別展示「文豪の筆跡―館蔵の名品から―」山梨県立文学館

太宰治書簡 井伏鱒二宛(部分)1936(昭和11)年9月15日消印

名称:特別展示「文豪の筆跡―館蔵の名品から―」山梨県立文学館
会期:2023年5月1日(月)〜2023年6月11日(日)
会場:山梨県立文学館
時間:9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
   ※5月1日は開館
観覧料:一般 330円(260円)
   大学生 220円(170円)
   常設展の観覧料でご覧いただけます。
   ※( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金
   ※高校生以下の児童・生徒は無料
   ※65歳以上の方は無料
   ※障害者手帳を持参の方、およびその介護をされる方は無料
住所:〒400-0065山梨県甲府市貢川1-5-35
TEL:055-235-8080
URL:山梨県立文学館

書は人なり―書いた文字には、その人の性格や人柄が表れるといいますが、森鷗外、夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介、太宰治など、文学史にその名を残した文豪たちは、どんな文字を書いていたのでしょう。
収蔵資料から名品を選び抜き、作家たちの筆跡の魅力をご覧いただくと共に、ひとつひとつにひそむドラマチックな背景を紹介します。

太宰治書簡 井伏鱒二宛(部分)1936(昭和11)年9月15日消印
太宰治書簡 井伏鱒二宛(部分)1936(昭和11)年9月15日消印

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る