「Glitches in Love: A New Formula / 愛のグリッチ : 新しい公式」東京藝術大学大学美術館

「Glitches in Love: A New Formula / 愛のグリッチ : 新しい公式」東京藝術大学大学美術館

名称:「Glitches in Love: A New Formula / 愛のグリッチ : 新しい公式」東京藝術大学大学美術
会期:2023年3月24日(金)~2023年4月9日(日)
開館時間:10:00 〜 17:00
入場料:無料
会場:東京藝術大学 大学美術館・陳列館
住所:〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:東京藝術大学大学美術館

本展「Glitches in Love: A New Formula/愛のグリッチ:新しい公式」では、「愛の新しい公式」をテーマに日本、イギリス、中国、アイルランド、そしてスロベニアから12組のアーティストを紹介します。
人類の歴史において長きにわたって語られてきた「愛」。しかし、その愛の枠組みから溢れてしまった形の愛が多くあることを、現代の私たちは徐々に認識し始めています。本展ではそのような愛を「グリッチ」とし、それらを含めた包括的な新しい「愛の公式」とは何かを探っていきます。グリッチとは、システム上の不具合やバグなど取り除かれるべき対象を表す言葉です。クィアをはじめとする性自認にまつわる愛、異種間の愛、自己愛、ヴァーチャルな愛など、これまで定義上軽視されてきた愛の形「グリッチ」に目を向け、現実世界に限らず仮想世界なども含めたあらゆる世界における愛の「新しい公式」を考えます。既存の愛の枠組みの外に置かれてきたトピックに着目し、それらを包括的に考察することで見えてくる愛に対する認識への課題や可能性をグローバルな視点から捉える事を試みます。
アーティスト
デイヴィッド・オライリー、エド・フォーニレス、陳飛、グラハム・マーティン、ウチダリナ、山本和真、上原菜々恵 / 柳原好貴、芹野直子、シュペラ・ピートリッチ、河野富広、王之玉、Zzyw

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る