コレクション展「Body(身体)─イメージの器」福岡アジア美術館

リン・ティエンミャオ(林天苗)《卵#3》2001年

名称:コレクション展「Body(身体)─イメージの器」福岡アジア美術館
会期:2023年9月14日 (木) 〜 2023年4月9日 (日)
会場:アジアギャラリー
観覧料:一般200円(150円) 高校・大学生150円(100円) 中学生以下無料
   ※( )内は、20人以上の団体料金
主催:福岡アジア美術館
住所:〒812-0027福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7/8F
TEL:092-263-1100・FAX:092-263-1105
URL:福岡アジア美術館

ヌードから、デフォルメされた身体や強調された器官、産む性としての女性の身体などまで、表現された身体には作者の特別な意図やジェンダーなどの社会的テーマが反映されています。絵画、写真、彫刻、インスタレーションなど、さまざまな技法による身体表現に着目してアジアの近現代美術を巡る企画です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る