「染織品と松浦屏風―織物・染物・刺繍 いろとりどり―」大和文華館

「染織品と松浦屏風―織物・染物・刺繍 いろとりどり―」大和文華館

名称:「染織品と松浦屏風―織物・染物・刺繍 いろとりどり―」大和文華館
会期:2023年4月7日(金)〜2023年5月14日(日)
会場:大和文華館
時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
観覧料:一般 630円
   高校・大学生 420円
   小学・中学生 無料
   ※20名以上団体割引あり
住所:〒631-0034奈良県奈良市学園南1-11-6
TEL:0742-45-0544
URL:大和文華館

赤地格子連珠花文経錦
(蜀江錦)
赤地格子連珠花文経錦 (蜀江錦)

糸を紡ぎ、布を織り、染め、縫う。こうしてできた染織品は、古くより人々の生活を豊かに彩ってきました。
日本では、飛鳥・奈良時代に中国の隋・唐時代頃の染織品の影響を受けて技術が発展し、中世から近世にかけては、中国の元・明時代頃の高級織物やインドの更紗などが盛んに輸入されて茶の湯の世界で珍重されるなど、世界の様々な地域と関わりながら、染織の技術や染織への美意識が磨かれてきました。
また、桃山から江戸時代には、経済の発展にともない染めや刺繍などの技術が発展し、様々な模様で飾られた衣装が生み出されました。この時期の風俗画には、流行の華やかな衣装が描かれており、その描写が見所の一つとなっています。
本展には、飛鳥・奈良時代時代の貴重な上代裂、祈りが込められた繍仏、茶の湯の世界で尊ばれた名物裂、エキゾチックな趣きのインド・中東の布、美しい衣装の描かれた日本の近世の風俗画などが並びます。多彩な染織の美をご堪能ください。

国宝
婦女遊楽図屏風(左隻 部分)
国宝 婦女遊楽図屏風(左隻 部分)
辻が花裂 桃山時代 大和文華館蔵
辻が花裂 桃山時代 大和文華館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る