「モネ、ルノワール 印象派の光」松岡美術館

「モネ、ルノワール 印象派の光」松岡美術館

名称:「モネ、ルノワール 印象派の光」松岡美術館
開催期間:2023年6月20日(火)〜2023年10月9日(月・祝)
前期展示:6月20日(火)~8月13日(日)
後期展示:8月15日(火)~10月 9日(月祝)
会場:松岡美術館
時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
   ※毎月第1金曜日のみ 10:00~19:00
   (最終入場時間 18:30)
休館日:月曜日 
  月曜日が祝日の場合は翌平日
  年末年始、展示替え期間
観覧料:一般 1,200円
  25歳以下 500円
  高校生以下 無料
  障がい者手帳をお持ちの方 無料
住所:東京都港区白金台5-12-6
TEL:03-5449-0251
URL:松岡美術館

ピエール=オーギュスト・ルノワール《リュシアン・ドーデの肖像》1879年 後期展示
ピエール=オーギュスト・ルノワール《リュシアン・ドーデの肖像》1879年 後期展示

松岡美術館は実業家 松岡清次郎が蒐集した美術品を公開するため、1975(昭和50)年に設立された私立美術館です。
1917(大正6)年 貿易商から身を起こした清次郎の理想は、自らの眼にかなった「美しいもの」を追い求め、蒐めていくことでした。
清次郎は東洋陶磁蒐集のため欧米のオークションに参加するうちに、印象派やエコール・ド・パリなど西洋画にも興味を抱き、コレクションを築きました。今回は同館所蔵の西洋画コレクションの中から、清次郎が晩年に蒐集したモネ、ルノワールをはじめとする、フランス印象派・新印象派の絵画を一堂に会します。

クロード・モネ《サン=タドレスの断崖》1867年
クロード・モネ《サン=タドレスの断崖》1867年
クロード・モネ《ノルマンディの田舎道》 1868年
クロード・モネ《ノルマンディの田舎道》 1868年
ポール・シニャック《オレンジを積んだ船、マルセイユ》1923年
ポール・シニャック《オレンジを積んだ船、マルセイユ》1923年
アンリ・マルタン《断崖》1913年
アンリ・マルタン《断崖》1913年
アンリ=エドモン・クロッス《遊ぶ母と子》1897-1898年
アンリ=エドモン・クロッス《遊ぶ母と子》1897-1898年
色絵唐人物図大壺 柿右衛門様式 1680-1690年代
色絵唐人物図大壺 柿右衛門様式 1680-1690年代
色絵風俗絵図平鉢 古伊万里金襴手 1700-1740年代
色絵風俗絵図平鉢 古伊万里金襴手 1700-1740年代
ウジェーヌ・ブーダン《海、水先案内人》 1884年
ウジェーヌ・ブーダン《海、水先案内人》 1884年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る