「新・山本二三展 – 天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女 – 」北海道立函館美術館

時をかける少女《洗い場》2006年 ©「時をかける少女」製作委員会2006

名称:「新・山本二三展 – 天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女 – 」北海道立函館美術館
会期:2023年4月29日(土)~2023年6月25日(日)
開館時間:9:30 〜 17:00
休館日:月曜日
   月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
   展示替期間・年末年始休館
入場料:一般 1300円、大学生・高校生 800円、中学生 500円、小学生以下 無料
会場:北海道立函館美術館
住所:〒040-0001北海道函館市五稜郭町37-6
TEL:0138-56-6311 ・FAX:0138-56-6381
URL:北海道立函館美術館

「新・山本二三展 - 天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女 - 」北海道立函館美術館
「新・山本二三展 – 天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女 – 」北海道立函館美術館

山本二三(1953年生)は、日本のアニメーション界を代表する美術監督・背景画家のひとりです。五島列島の福江島(現・長崎県五島市)に生まれ、24歳の若さでテレビアニメ「未来少年コナン」の美術監督に抜擢されて以降、高畑勲や宮崎駿の作品に美術監督、背景画制作で参加。独特の詩情あふれる風景表現により、数々の名作アニメーションに携わり、多くの人々を魅了してきました。
本展では、山本がこれまでに手がけてきた背景画のほか、制作の過程で生み出される未公開のイメージボードや制作用具など、約220点を一堂にご紹介します。高畑勲、宮崎駿、細田守、新海誠など日本を代表する監督とともに、日本のアニメーションが世界に評価される礎を築いた美術監督・山本二三の繊細で表現力豊かな絵画世界をお楽しみください。

もののけ姫《シシ神の森(2)》1997年 ©1997 Studio Ghibli・ND
もののけ姫《シシ神の森(2)》1997年 ©1997 Studio Ghibli・ND
時をかける少女《踏切》2006年 ©「時をかける少女」製作委員会2006
時をかける少女《踏切》2006年 ©「時をかける少女」製作委員会2006
時をかける少女《洗い場》2006年 ©「時をかける少女」製作委員会2006
時をかける少女《洗い場》2006年 ©「時をかける少女」製作委員会2006

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る