「時の移ろいに想いを込めて博物誌-滝口和男-」セイコーハウス銀座ホール

星座大缶匣 星座の物語を大きな缶に詰めて (18.9×22.5×高さ13.8㎝) 

名称:「時の移ろいに想いを込めて博物誌-滝口和男-」セイコーハウス銀座ホール
会期:2023年5月25日(木) 〜 2023年6月4日(日)
会場:セイコーハウス銀座 6階 セイコーハウス銀座ホール
開館時間:10:30-19:00 最終日は17:00まで
住所:〒104-8105 中央区銀座4丁目5-11
TEL:(03)3562-2111(代表)
URL:セイコーハウス銀座ホール

館匣 赤煉瓦の館に棲まう者たちが
(15.3×16.5×高さ18.3cm)
館匣 赤煉瓦の館に棲まう者たちが (15.3×16.5×高さ18.3cm)

京都在住の陶芸家・滝口和男さんの3年ぶり6回目の個展を開催いたします。日本陶磁協会賞や京都府文化賞功労賞など数々の受賞を重ね、確かな技術と多彩な表現力とで独自の陶芸を追及している滝口さん。時代の変遷を敏感にとらえ、その想いをやきものにこめた愛らしい作品約100点が一堂に会します。缶詰をイメージした作品群は、誰もが思わず微笑むような心ほころぶノスタルジックな世界への扉を開いてくれます。おなじみの十二支や12星座、牽牛と織女、七福神たちが織り成すものがたりや小さなやきもので作られた博物誌を、ぜひ会場でお楽しみください。
滝口和男(たきぐち・かずお)
1953年京都府に生まれる
1989年日本陶芸展大賞・秩父宮賜杯受賞
1990年MOA美術館 岡田茂吉賞 工芸部門優秀賞受賞
1991年五島記念東急文化賞美術新人賞受賞、日本陶磁協会賞受賞
1992年ロイヤルカレッジ オブ アート(イギリス)修了
2003年「現代陶芸の華」に出品(茨城県陶芸美術館)
2004年和光にて個展(08・13・16・20年)
2013年京都府文化賞 功労賞受賞
ほか国内外にて
個展多数

(上から)
織部釉匣 緑の中に鳥たちの楽園を見い出し
(11.1×19.5×高さ9.3㎝)

織部釉小匣 昔ながらの大工道具の箱には
(5.7×13.2×高さ6.3㎝)
(上から) 織部釉匣 緑の中に鳥たちの楽園を見い出し (11.1×19.5×高さ9.3㎝) 織部釉小匣 昔ながらの大工道具の箱には (5.7×13.2×高さ6.3㎝)
(上から)
湧き立つ青白雲を
(24×34×高さ43㎝)

一片の青白雲と
(15.3×16.5×高さ18.3㎝)
(上から) 湧き立つ青白雲を (24×34×高さ43㎝) 一片の青白雲と (15.3×16.5×高さ18.3㎝)
星座大缶匣 星座の物語を大きな缶に詰めて (18.9×22.5×高さ13.8㎝) 
星座大缶匣 星座の物語を大きな缶に詰めて (18.9×22.5×高さ13.8㎝) 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る