山岸俊之 「わたしが しんで しまっても」ギャラリーKingyo

山岸俊之 「わたしが しんで しまっても」ギャラリーKingyo

名称:山岸俊之 「わたしが しんで しまっても」ギャラリーKingyo
会期:2023年5月26日(金)~2023年6月1日(木)
開館時間:12:00 〜 19:00 最終日は17:00まで
入場料:無料
会場:ギャラリーKingyo
住所:〒113-0022 東京都文京区千駄木2-49-10
TLE:050-7573-7890
URL:ギャラリーKingyo

海が近いカトリック教会に隣接して、かつての結核療養所があった。
5月の陽光を浴び、中庭では若葉が萌え立っていた。「光あれ!」
その時の風景を19世紀の楽譜にプリントし、生きている息づかいのように色鉛筆を走らせる。
クリスティーナ・ロセティーの詩「SONG 私が死んでしまっても」(1848年)
「死」と「生」は対極にあるのではなく、同時に在る。そのことをカタチで残す、終活としての個展。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る