「ちひろ美術館セレクション2010→2021 日本の絵本展」安曇野ちひろ美術館

tupera tupera 『わくせいキャベジ動物図鑑』(アリス館)より 2016年

名称:「ちひろ美術館セレクション2010→2021 日本の絵本展」安曇野ちひろ美術館
会期:2023年6月3日(土)~2023年9月3日(日)
会場:安曇野ちひろ美術館
時間:10:00~17:00(8月は9:00~17:00)
休館日:水曜日 ※祝休日開館、翌平日休館
   ※8月は無休
観覧料:大人 900円
   高校生以下 無料
   団体(有料入館者20名以上)、65歳以上、学生の方は700円
   障害者手帳提示の方、介添えの方1名まで無料
   年間パスポート3000円
住所:〒399-8501長野県北安曇郡松川村西原3358-24
TEL:0261-62-0772
URL:安曇野ちひろ美術館

植田真 『ひばりに』(アリス館)より 2021年
植田真 『ひばりに』(アリス館)より 2021年

2011年の東日本大震災から始まった激動の2010年代。子どもを取りまく環境も大きく変化しました。画家たちは新しいテーマや表現に挑戦し、絵本をとおして今を生きる子どもたちに向けたメッセージを発信しつづけています。
絵本の世界では、新しい世代のつくり手たちのめざましい活動も印象づけられました。また2010年代をとおして、「3.11」や「福島」を取りあげた絵本や真摯にいのちと向き合う絵本、過去の戦争に焦点を当て平和の在り方を問う絵本など、時代を表す作品も生まれました。
ちひろ美術館では、10年ごとに時代を代表する絵本を紹介する展覧会を継続してきました。3年の延期を経て開催する本展覧会では、時代に求められた多様な表現に焦点を当て、2010年から2021年に出版された作品のなかから、注目を集めた絵本や、今後も活躍が期待される作家の作品を紹介します。

きくちちき 『しろとくろ』(講談社)より 2019年
きくちちき 『しろとくろ』(講談社)より 2019年
ミロコマチコ 『ぼくのふとんは うみでできている』
(あかね書房)より 2013年
ミロコマチコ 『ぼくのふとんは うみでできている』 (あかね書房)より 2013年
上村亮太 『 アネモネ戦争』(BL出版)より 2020年 
上村亮太 『 アネモネ戦争』(BL出版)より 2020年 
ヨシタケシンスケ 
『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)より 2013年
ヨシタケシンスケ  『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)より 2013年
tupera tupera 『わくせいキャベジ動物図鑑』(アリス館)より 2016年
tupera tupera 『わくせいキャベジ動物図鑑』(アリス館)より 2016年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る