「小嶋千鶴子 作陶の軌跡展」パラミタミュージアム

「小嶋千鶴子 作陶の軌跡展」パラミタミュージアム

名称:「小嶋千鶴子 作陶の軌跡展」パラミタミュージアム
会期:2023年6月8日(木)~2023年7月30日(日)
開館時間:9:30 〜 17:30
休館日:会期中無休
入場料:一般 1000円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下・障害者手帳提示 無料
会場:パラミタミュージアム
住所:〒510-1245三重県三重郡菰野町大羽根園松ケ枝町21-6
TEL:059-391-1088
URL:パラミタミュージアム

小嶋千鶴子(1916~2022)は三重県四日市市に、江戸時代から続く岡田屋呉服店の五人きょうだいの次女として生まれました。しかし父母が早くに他界したため、千鶴子は一家の中心となって家業を担うこととなりました。その後23歳で株式会社岡田屋呉服店代表取締役に就任し、岡田屋からジャスコ(現・イオン株式会社)を立ち上げ、役員として社員教育や人事を担当しました。
そして経営から引退した後、70代から独学で陶芸を始め、一日の大半を自宅のアトリエで作陶にいそしみました。当初の制作目標であった3,000点を達成したのは、12年後の82歳のことでした。
また2003年3月には、20代のころから約60年にわたって収集した美術品を収蔵展示する施設として、三重県菰野町大羽根園にパラミタミュージァムを開設しました。その後三重県で文化助成活動を行う公益財団法人岡田文化財団に施設と収蔵作品を寄贈して、パラミタミュージアム名誉館長となりました。
本展では器、陶人形など、様々な表現に挑戦した小嶋千鶴子の作陶の軌跡をふりかえります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る