夏季展「本橋成一とロベール・ドアノー 交差する物語」東京都写真美術館

夏季展「本橋成一とロベール・ドアノー 交差する物語」東京都写真美術館

名称:夏季展「本橋成一とロベール・ドアノー 交差する物語」東京都写真美術館
会期:2023年6月16日(金)〜9月24日(日) 
会場:東京都写真美術館
観覧料金:当日一般800円
休館日:月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、J-WAVE 81.3FM
助成:公益財団法人 花王芸術・科学財団
協賛:東京都写真美術館支援会員
特別協力:アトリエ・ロベール・ドアノー、コンタクト、ポレポレタイムス社
住所:〒153-0062東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL:03-3280-0099
URL:東京都写真美術館

夏季展「本橋成一とロベール・ドアノー 交差する物語」東京都写真美術館
夏季展「本橋成一とロベール・ドアノー 交差する物語」東京都写真美術館

本橋成一は東京に生まれ、50年以上にわたり、写真と映画によって、揺れ動く社会とそこに暮らす人々の姿を記録してきた。一方ロベール・ドアノーは、パリや自身が生まれたパリ郊外を舞台として、常にユーモアをもって身近にある喜びをとらえてきた。生まれた時代・地域が異なる二人の写真家だが、奇しくも炭鉱、サーカス、市場など、同じテーマによる優れたルポルタージュを残している。そして、それぞれに第二次世界大戦による混乱を経験した二人は、慎ましくも懸命に生きる人々の営みの中に、力強さと豊かさを見出し、失われゆく光景とともに写真に収めてきた。多くの対立、紛争の絶えない現代において、人間に対する際限のない愛情と好奇心が生み出す視線、そしてユーモアや優しさをもって現実や社会と関わった二人の写真家によって編み出される物語を通して、生きることの豊かさについて考える機会となってほしい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る