坂口佳奈・二木詩織「そこら中のビュー」Gallery PARC

坂口佳奈・二木詩織「そこら中のビュー」Gallery PARC

名称:坂口佳奈・二木詩織「そこら中のビュー」Gallery PARC
会期:2023年06月03日(土) 〜 2023年06月25日(日)
会場:Gallery PARC
時間:13:00~19:00
休館日:水・木曜日
料金:無料
住所:〒602-8282  京都府京都市上京区皀莢町287 堀川新文化ビルヂング 2階
TEL:075-334-5085
URL:Gallery PARC

絵画表現を中心に活動する坂口佳奈と、パフォーマンスや映像などを手掛ける二木詩織による二人展です。
二人は、2019年のGallery PARC主催の公募展に応募するにあたり「人が2人いたら何が作れるんだろう?」への興味から共同制作・発表を開始。以降、展示やワークショップの機会に各地を旅しながら、互いの視点やコミュニケーションのズレ、あるいは一致のおもしろさ、リアルとフィクションの曖昧性を含む作品をインスタレーション形式で発表しています。
本展は2023年の鹿児島への旅をはじめ、これまでの旅の延長線でありながら、また違った視点によって旅・移動についての思考や気づきを映像やドローイングなどによるインスタレーション作品として発表します。
また、会期中には、ワークショップ「うらおもて絵画を作ろう」を開催いたします。どちらもぜひご参加ください。
坂口佳奈・二木詩織
2019年、Gallery PARC主催の展覧会企画公募「Gallery PARC Art Competition」に応募・採用された展覧会「キャンプができたらいいな。」(Gallery PARC/京都)を機に活動を開始。
展覧会
2019 「木曽駒高原秋の味覚フェア」木曽駒高原(長野)※木曽ペインティングスとして参加
2020 「KISO PAINTINGS vol.4 村のオハナシ」なすや(薮原、長野)
   「Gallery PARC m@p」Gallery PARC(京都)
   「物語のものがたり」あまらぶアートラボ(兵庫)
2021 「m@p meet@post×Gallery PARC exhibition」NEUTRAL(京都)
ワークショップ
2020 「透明キャンバスに絵を描こう」笑ん館(薮原、長野)
2021 「バラバラレターものがたり」木祖村立木祖小学校(薮原、長野)
2023 「目でさわる、ことばで歩く」三島硫黄島学園(硫黄島、鹿児島)
※作家個別の詳細については、Gallery PARCのホームページをご確認ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る