吉岡佐知 展「あした、あさって」ギャラリー恵風

吉岡佐知 展「あした、あさって」ギャラリー恵風

名称:吉岡佐知 展「あした、あさって」ギャラリー恵風
会期:2023/06/06(火) 〜 2023/06/11(日)
会場:ギャラリー恵風 1階
時間:12:00~19:00(最終日は18:00まで)
料金:無料
住所:〒606-8392 京都市左京区聖護院山王町21-3(東大路丸太町東入ル南側)
TEL: 075-771-1011
URL:ギャラリー恵風

恵風では5度目となる、日本画家・吉岡佐知さんの個展です。いつも色鮮やかな作風で見る人を楽しませてくれる吉岡さんは、今回はモノトーン作品と金箔を使った作品を中心に大作・小作品あわせて15、6点を展示します。主に植物をモチーフとしていますが、今回は珍しく風景のような小作品も登場します。ぜひご高覧ください。
予測の甲斐なく未来は飛んできて、現在はいまも脇腹をすり抜けているところだ。心だけ行きつ戻りつたゆたうけれど、せめてあした、できるならあさって。そんな感じでつなぎとめる。
岩絵具を膠でとどめるのと少し似ている。(吉岡)

吉岡佐知
1997 京都市立芸術大学大学院修士課程絵画専攻日本画修了
2004 京都市立芸術大学博士(後期)課程単位取得退学
個展
2007 ギャルリー正觀堂(京都)
   その他 京都、大阪、岐阜(’07, ’08, ’09, ’11)
2010 ギャラリー恵風(京都/’13, ’17, ’20, ’23)
主なグループ展・受賞歴
1996 「日展」:入選(’97,’99,’00,’02-’04,’06,’08)
2001 「青垣2011年日本画展」:大賞
2002 「京展」:市長賞
2005 「現代日本画の試み展」[~’20]Art Space-MEISEI(京都)、
   本町アートギャラリー(大阪)、壽光寺(大阪)、ギャラリーマロニエ(京都)、他
2009 「京都日本画新展」美術館「えき」KYOTO(京都)
    [’10, ’11, 続京都日本画新展 ’15、京都日本画新展 in 二条城 ’20]
2012 「色とかたち 漆・栗本夏樹×日本画・吉岡佐知」アート〇美空間Saga(神戸)
   「センス オブ ワンダー展」堀川御池ギャラリー@KCUA(京都)
2016 「青晴会日本画展」髙島屋美術画廊(横浜、京都、大阪)[’17~ 華華展 ’21]
2019 「Kyo to Kyo」Art Space-MEISEI(京都)、ギャラリー枝香庵(東京/’20, ’22)
   「第2回現代の日本画-世代をつなぐ-」ギャラリーヒルゲート(京都/’20, ’22)
2022 「ミニアチュール・小さく愛しきものたち展」galleryサラ(滋賀)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る