「~朝田千佳子・西山泰弘・巳亦敬一 3人展~ 爽涼のしつらえ‐自然素材からの提案‐」札幌三越

「~朝田千佳子・西山泰弘・巳亦敬一 3人展~ 爽涼のしつらえ‐自然素材からの提案‐」札幌三越

名称:「~朝田千佳子・西山泰弘・巳亦敬一 3人展~ 爽涼のしつらえ‐自然素材からの提案‐」札幌三越
会期:2023年7月25日(火) ~ 2023年7月31日(月)
場所:本館9階 美術ギャラリー(Bギャラリー) ※最終日は午後4時終了
住所:〒060-0061 札幌市中央区南1条西3丁目-8
TEL: 011-271-3311(代表)
URL: 札幌三越

テーブルランナー:朝田千佳子【和紙織りテーブルランナー】素材:リトアニアリネン、石州和紙 こんにゃく糊仕上げ、【麻テーブルランナー】素材:リトアニアリネン、麻

◆西山泰弘【プチテーブル】素材:タモ、ニレ(幅75×奥行36×高さ55cm)
テーブルランナー:朝田千佳子【和紙織りテーブルランナー】素材:リトアニアリネン、石州和紙 こんにゃく糊仕上げ、【麻テーブルランナー】素材:リトアニアリネン、麻 ◆西山泰弘【プチテーブル】素材:タモ、ニレ(幅75×奥行36×高さ55cm)

テキスタイル(染織)の朝田千佳子氏、木工芸作家の西山泰弘氏、ガラス工芸家の巳亦敬一氏の3人展を開催いたします。
『爽涼のしつらえ』といたしまして自然素材からの提案をいたします。どうぞご高覧ください。
❖朝田千佳子(あさだ ちかこ)~テキスタイル(染織家)
和紙との出会い~2011年、京都の川島テキスタイルスクールで吉田桂子先生の紙布織りのワークショップに参加。その後、柳橋眞さんの「和紙」をはじめに和紙の本を読み、いつそう和紙に心惹かれました。和紙の魅力はいろいろあり、今は和紙織りに力を入れています。
1961年札幌市生まれ。札幌大谷短期大学美術科卒業。現在、札幌市在住。
◆公募展
2001年 熊本県伝統工芸館主催 第19回「くらしの工芸展」入選、京都丸紅株式会社主催「紬と織の公募展」入選
2002年 京都織成館主催「織成賞展」入選、「草木染めビエンナーレ・in・あいち」大賞受賞
2004年〜2023年 「日本染織作家展」(京都)毎回入選
2006年 新工芸展入選、熊本県伝統工芸館主催 第24回「くらしの工芸展」熊本市長賞受賞
2017年 島根県主催「石州和紙デザインコンペ2017」、しまね産業振興財団理事長賞受賞等、公募展で入選を重ねる。
2019年 札幌市民交流プラザにて「空間を彩るタペストリー展」出品
◆個展
2013年 北海道大学 遠友学舎にて個展「フィオーレ」
2015年 新札幌ギャラリーにて個展「FIORE〜風〜」
2022年 西野神社 参集殿にて個展「さやけし夜に」
❖西山泰弘(にしやま やすひろ)~木工芸作家『家具工房もこと』
1964年 神奈川県生まれ
1993年 北見高等技術専門学院 木工科修了
2001年 長沼町にて家具工房もこと開設
以降、展示会等多数参加
❖巳亦敬一(みまた けいいち)~ガラス工芸家
昭和30年代豊平硝子で製造していた、金魚鉢、薬瓶などの宙吹き法を用いて器の制作を行う。
溶けている硝子の、色、柔らかさ鈍い煌めきを器のかたちで表現できればと思っています。現在、個展を中心に活動中。

◆写真左) 西山泰弘【ウィンザーチェア】素材:カエデ(幅54×奥行64×高さ95cm)

◆写真右) 西山泰弘【プチテーブル】素材:タモ、ニレ(幅75×奥行36×高さ55cm)
◆写真左) 西山泰弘【ウィンザーチェア】素材:カエデ(幅54×奥行64×高さ95cm) ◆写真右) 西山泰弘【プチテーブル】素材:タモ、ニレ(幅75×奥行36×高さ55cm)
西山泰弘【ウィンザーチェア】素材:カエデ(幅54×奥行64×高さ95cm)
西山泰弘【ウィンザーチェア】素材:カエデ(幅54×奥行64×高さ95cm)
写真左)  朝田千佳子【タペストリー、Buona sera】2枚1組、素材:リトアニアリネン、石州和紙 (生成りと墨染め)、サイズ:幅40.5×長さ124.5cm(1枚)

◆写真左) 西山泰弘【パーテーションフレーム】2枚1組、素材:ニレ(幅49×奥行29×高さ1,610cm)
◆写真右) 西山泰弘【プチテーブル】素材:タモ、ニレ(幅75×奥行36×高さ55cm)
写真左) 朝田千佳子【タペストリー、Buona sera】2枚1組、素材:リトアニアリネン、石州和紙 (生成りと墨染め)、サイズ:幅40.5×長さ124.5cm(1枚) ◆写真左) 西山泰弘【パーテーションフレーム】2枚1組、素材:ニレ(幅49×奥行29×高さ1,610cm) ◆写真右) 西山泰弘【プチテーブル】素材:タモ、ニレ(幅75×奥行36×高さ55cm)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る