「横山美術館収蔵コレクション オールドノリタケ&ノリタケの世界」横山美術館

「横山美術館収蔵コレクション オールドノリタケ&ノリタケの世界」横山美術館

名称:「横山美術館収蔵コレクション オールドノリタケ&ノリタケの世界」横山美術館
会期:2023年2月24日(金)~2023年5月21日(日)
住所:〒4610004 愛知県名古屋市東区葵一丁目1番21号
TEL:052-931-0006
URL:横山美術館

「横山美術館収蔵コレクション オールドノリタケ&ノリタケの世界」横山美術館
「横山美術館収蔵コレクション オールドノリタケ&ノリタケの世界」横山美術館

 貿易商の森村組と陶磁器メーカーの日本陶器(現・ノリタケカンパニーリミテド)が19世紀末から戦前にかけて生産し、主にアメリカやイギリスへ輸出した華やかなオールドノリタケは、日本の洋風陶磁器の先駆けとして海外で高く評価されています。それらに加え、日本陶器の製品に個人名を書き入れることを初めて許された伝説の画工・市ノ木慶治(しのきけいじ)の描いた飾皿や、熟練した職人が少数制作した「スタジオコレクション」のボーンチャイナ製フィギュリンなど、百有余年にわたって生み出された多様な意匠や技法、器種を網羅する優品を、横山美術館の所蔵品の中から選りすぐり展示いたします。
 明治9年(1876)に森村組を設立した森村市左衛門は、「感激」することの大切さを説いていました。職人技の生み出した美に心動かされる、至福のひとときを本企画展でお過ごしください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る