房総の海をめぐる光と影とアート展「描かれた房総」千葉県立美術館

房総の海をめぐる光と影とアート展「描かれた房総」千葉県立美術館

名称:房総の海をめぐる光と影とアート展「描かれた房総」千葉県立美術館
会期:2023年7月19日(水)~2023年9月18日(月・祝)
会場:千葉県立美術館
時間:9:00~16:30 (最終入場時間 16:00)
   ※初日のみ10:00開場
   ※金・土・祝前日は19:30まで
   (最終入場時間 19:00)
休館日:月曜日 
   ※ただし、9月18日(月・祝)は開館
観覧料:一般 500円(400円)
   高・大生 250円(200円)
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
住所:〒260-0024千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
TEL:043-242-8311
URL:千葉県立美術館

小堀 進
《花と海》
 当館蔵
小堀 進 《花と海》  当館蔵

房総半島を象徴する海の景色を中心として、房総の豊かな自然が、画家たちによってどのように表現されてきたのかを、作品とモチーフとなったその地域の写真により紹介します。

富田通雄《外房鵜原》
富田通雄《外房鵜原》

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る