「有馬和彦 油彩画展」神戸阪急

「通りの情景」(8号P)

名称:「有馬和彦 油彩画展」神戸阪急
会期:8月23日(水)~29日(火)
会場:新館7階 美術画廊 ※催し最終日は午後4時終
住所:〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番8号
TEL:078-221-4181(代表)
URL:神戸阪急

大学在学中に東京の美術学校で油絵を学んだ後、絵画の本場ヨーロッパの国々を回り修業を重ねた有馬和彦。以来40年以上にわたり情熱を傾けて油彩画を描き続けています。一見すると軽やかに見える色彩は、近づいて見てみると驚くほどに厚みがあります。絵肌造りに徹底してこだわる独特のマチエールが絵の中の風景や人物に命を吹き込み、観るものの旅情を掻き立てます。
PROFILE
有馬 和彦(ありま かずひこ)
1954年、愛知県に生まれる。
1980年、スペイン国立シルクロ・デ・ベジャス・アルテスで学ぶ。
1993年、近代日本美術協会展 出品(東京都美術館)。
1996年、近代日本美術協会展 オーストリア大使館賞 受賞。
1997年、中美展 新人賞 受賞(東京都美術館)。
2003年、東京を中心に日本全国で個展を開催。
現在、日本美術家連盟会員。

「通りの情景」(8号P)
「通りの情景」(8号P)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る