「ワレモノ注意!―美術の世界の『ワレモノ』たち」ふくやま美術館

「ワレモノ注意!―美術の世界の『ワレモノ』たち」ふくやま美術館

名称:「ワレモノ注意!―美術の世界の『ワレモノ』たち」ふくやま美術館
会期:2023年6月29日(木)~2023年9月3日(日)
開館時間:9:30 〜 17:00
休館日:月曜日
   7月17日、8月14日は開館
   7月18日は休館
入場料:一般 310円、高校生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
会場:ふくやま美術館
住所:〒720-0067広島県福山市西町2-4-3
TEL:084-932-2345 
URL:ふくやま美術館

​樂宗入《赤樂茶碗 銘老萊子》
​樂宗入《赤樂茶碗 銘老萊子》

「ワレモノ注意」といえば、皿やグラス、ビンなどを宅配便で送るときにおなじみの言葉です。割れやすい陶磁器やガラス製品が、輸送中に壊れてしまうことのないよう、その扱いには細心の注意が求められるもの。なぜなら、一度割れてしまったら、決して元通りには戻せないからです。でも、果たして本当に「割れたら終わり」なのでしょうか。実は、美術作品のなかには、あえて割ったり、割れていることを生かしたりしたものがあるのです。この展覧会では、「割れ」をキーワードに、所蔵品から様々な「ワレモノ」を展観します。

​岸田劉生《リーチの茶碗とりんご》1924年頃
​岸田劉生《リーチの茶碗とりんご》1924年頃
《蝦頭紅澄泥硯》ふくやま書道美術館蔵
《蝦頭紅澄泥硯》ふくやま書道美術館蔵
《染付芙蓉手花鳥文碗》江戸時代(18世紀)個人蔵
《染付芙蓉手花鳥文碗》江戸時代(18世紀)個人蔵
《陶片(保命酒狸徳利)》個人蔵
《陶片(保命酒狸徳利)》個人蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る