友好館協定締結記念企画展「朱健炫写真展 台湾の炭鉱」釧路市立博物館

友好館協定締結記念企画展「朱健炫写真展 台湾の炭鉱」釧路市立博物館

名称:友好館協定締結記念企画展「朱健炫写真展 台湾の炭鉱」釧路市立博物館
会期:2023年7月1日(土曜日)から2023年7月17日(月曜日)まで
開催時間:午前9時30分 から 午後5時 まで
開催場所:博物館マンモスホール
主催:釧路市立博物館・新平渓煤礦博物園区(台湾炭鉱博物館)後援台北駐日経済文化代表処札幌分処・釧路日台親善協会
住所:〒085-0822北海道釧路市春湖台1-7
TEL:0154-41-5809
URL:釧路市立博物館

釧路市立博物館と新平渓煤礦博物園区(台湾炭鉱博物館)は2023年1月11日に友好館協定を締結しました。
これを記念し、両館主催により企画展「朱健炫写真展 台湾の炭鉱」を開催します。
台湾の炭鉱とそこに働く人々を記録した、朱健炫氏の作品をぜひご鑑賞下さい。
朱健炫氏:1951年生まれ、台湾・基隆出身の写真家。1980年代の初めの炭鉱を記録。作品は台湾映画祭白黒部門金賞、台北市写真学会会員映画祭金賞など多くの賞を受賞。著書に「礦工謳歌:台灣煤業奮闘史」(中華新華書店)、「炭空」(時報出版)など。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る