「みほとけのキセキⅡ展 ー遠州・三河のしられざる祈りー」浜松市美術館

「みほとけのキセキⅡ展 ー遠州・三河のしられざる祈りー」浜松市美術館

名称:「みほとけのキセキⅡ展 ー遠州・三河のしられざる祈りー」浜松市美術館
会期:2023年10月14日(土曜日)~12月3日(日曜日)
休館日:毎週月曜日
開館時間:午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
観覧料:一般:1,400円(1,120円)
    大学生・専門学校生・高校性:1,000円(800円)
    70歳以上:700円
    中学生以下:無料 
    前売券・20名以上の団体:()内の料金(一人あたり)
    ※中・高・大・専門学校生、70歳以上の方は身分証を ご提示ください。
    ※身体障害者手帳・精神保健福祉手帳・療育手帳所持者及び介護者名1は無料。
    ※割引の併用はできません。
住所:〒430-0947静岡県浜松市中区松城町100-1
TEL:053-454-6801
URL:浜松市美術館

「みほとけのキセキⅡ展 ー遠州・三河のしられざる祈りー」浜松市美術館
「みほとけのキセキⅡ展 ー遠州・三河のしられざる祈りー」浜松市美術館

 浜松市美術館では、令和2年3月から4月にかけて、企画展「みほとけのキセキ⁻遠州・三河の寺宝展⁻」(以下「みほとけ展」)を開催しました。みほとけ展では、浜名湖を中心とした遠州・三河地方に点在する寺院に残る平安・鎌倉・南北朝時代制作の仏像を一堂に展示しました。国指定重要文化財の10躯や寺外初公開の7躯を含む地域を代表する諸仏を展示したこと、遠州・三河という現在の行政区分の垣根を超えた2地域に着目した初の仏像展であったことから、28日間で23,000人を超える方々にご来館頂きました。今回の企画展「みほとけのキセキⅡ⁻遠州・三河のしられざる祈り⁻」は、みほとけ展の続編に位置付け、通常非公開・寺外初公開の作例、近年の調査でその価値が見出された作例を紹介する他、前回展では紹介できなかった地域、時代の仏像も取り上げます。遠州・三河の「しられざる作例」の存在を再確認しながら、改めて遠州・三河に根付いた仏教文化の価値や魅力に迫ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る