倉敷安耶 「腐敗した肉、その下の頭蓋骨をなぞる。」銀座 蔦屋書店

像倉敷安耶 《九相図》H652×W530mm、木枠、ウール生地、織物、刺繍、糸、油彩、メディウム転写

名称:倉敷安耶 「腐敗した肉、その下の頭蓋骨をなぞる。」銀座 蔦屋書店
会期:2023年7月22日(土)~2023年8月11日(金)
開館時間:10:30 〜 21:00
入場料:無料
会場:銀座 蔦屋書店
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
TEL:03-3575ー7755
URL:銀座 蔦屋書店

倉敷安耶は、2020年に東京藝術大学大学院修了後、京都、東京を拠点に個展やグループ展、滞在制作など精力的な活動を続けています。自身と他者との距離について思考し、他者との密接なコミュニケーションや共存の模索、融合をテーマに作品制作を行っています。
倉敷の作品は主に西洋絵画や自身が撮影した写真、ネットからダウンロードをした画像を組み合わせコラージュのようなものを作成し、支持体に転写します。その支持体もキャンバスや織物、鏡や石など様々で、転写する際に生まれるクラックと呼ばれるひび割れの先から支持体の性質が垣間見え、この偶発的要素によって都度表情が異なります。
本展では、共同体内での「眼差し」を振り返る目的として東洋、西洋絵画内における女性像に焦点を置き、聖書に登場する女性をモチーフとした《九相図》と題する作品を発表します。
九相図とは、屋外に置かれた死体が朽ち果てていく過程を九つの段階に分けて描く死体の不浄や無常観を表現する仏教絵画です。生前は美しく煌びやかな女性も死んだ後には肉は腐り、⾻だけになっていく。仏僧たちへ向けた煩悩を捨てるために女性がモデルとして描かれました。代表的な小野小町伝説では腐敗した死体が野晒しの髑髏(どくろ)となり、目の穴に薄が突き刺さって痛い痛いと唄ったことが有名です。しかし、不浄の肉体をさらすことが自らの強い意志と自⼰犠牲の精神を描写し、他者の発心を助けた者として尊ばれるという一面も九相図にはあったのです。
一方、キリスト教内ではイエス・キリストに対し香油を扱ったマグダラのマリアという女性が登場します。香油は死者の腐臭を和らげるため、また死体の不浄を祓うために使用され、つまりは近く来たるべき救い主の死を暗示するものとして考えられていました。香油は娼婦の商売道具でもあり、罪と死を象徴するマグダラのマリアらを主題とした宗教画ではアトリビュートとして頭蓋⾻が度々描かれます。
宗教は魂の救済のためではなく、共同体の保全と繁栄のために存在している側面もあります。共同体の秩序を保つためまた、宗教を信じる者にとって境界に規定されないもの、穢れ(けがれ)という存在への「眼差し」が不可欠でした。それは現代を生きる我々にとっても同様で、自分自身の立場や属性などを認識するきっかけとなるのです。
本展を通し、倉敷は境界からはみ出す異例なもの、あるいは境界上にある曖昧なものとの接触により自⼰と物質の属性と、自⼰と他者との相互関係の探求を試みます。女性の手元にある頭蓋⾻はいったい誰のものなのか。その答えは鑑賞者それぞれが持つ「眼差し」によって変わるでしょう。

像倉敷安耶 《九相図》H652×W530mm、木枠、ウール生地、織物、刺繍、糸、油彩、メディウム転写
像倉敷安耶 《九相図》H652×W530mm、木枠、ウール生地、織物、刺繍、糸、油彩、メディウム転写

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る