「《Collective Memory / わたしの物語を考える》= 共有される記憶と、その伝承 = 」工房親

「《Collective Memory / わたしの物語を考える》= 共有される記憶と、その伝承 = 」工房親

名称:「《Collective Memory / わたしの物語を考える》= 共有される記憶と、その伝承 = 」工房親
会期:2023年7月22日(土)~2023年7月22日(土) 予約優先制
開館時間:12:00 〜 19:00
休館日:月曜日、火曜日
入場料:[事前予約] 2000円
    [当日] 2500円
会場:工房親
住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-21-3
TEL:03-3449-9271
URL:工房親

この度、日英作家によるオーディオビジュアルパフォーマンス作品の紹介と、参加者の皆さまとともに繰り広げる”対話のアクティビティー”(鑑賞を読み解く“哲学カフェ”)によるインタラクティブな市民参加型の展覧会イベントを開催します。
日本では未だあまり聞き馴染みのない“オーディオビジュアルパフォーマンス”を手掛ける英国在住のアーティス、尾角典子&ヘレン・パパイオアノによる作品『THAT LONGMOONLESS CHASE /その長い月のない追跡』をライブ上演いたします。尾角とパパイオアノによるユニットは今年度の金沢21世紀美術館共催事業”&21+”に抜擢された新進気鋭のアーティストです。
今回、そのお二人を東京に招き、“観る×聞く×話す“の《哲愕カフェby NAoK》のファシリテーションのもと、映像と音楽、そして”言葉の海“へとダイブするイマーシブなアート体験をこの夏ぜひ、お楽しみください。
アーティスト
尾角典子、ヘレン・パパイオアノ、藤本ナオ子(哲愕カフェ by NAoK)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る