「台湾伝統建築装飾工芸展—尬藝ガーイー」熊間(くま)

「台湾伝統建築装飾工芸展—尬藝ガーイー」熊間(くま)

名称:「台湾伝統建築装飾工芸展—尬藝ガーイー」熊間(くま)
会場:2023年7月21日(金)~2023年7月30日(日)
開館時間:9:00 〜 17:00
入場料:無料
会場:熊間(くま)
住所:〒604-8423 京都府京都市中京区西ノ京西月光町18-7
URL:熊間(くま)

熊間の4回目となる企画として、7月21–30日に、国立台湾芸術大学が主催する展覧会を開催いたします。
展覧会のタイトルである『尬藝』(ガーイー)は閩南語における「好き」という言葉と同じ音を持っており、伝統工芸技術が新たな世代へと継承され、それらの技術が永続的に続いてゆくという意味を込めて名付けられました。また、本展覧会は「伝統工芸を広める」及び「地域の活性化」この2つのテーマを主軸としています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る