「髙田光治のミクロコスモス劇場展―粘菌と胞子がつむぐ物語―」宝塚市立文化芸術センター

「髙田光治のミクロコスモス劇場展―粘菌と胞子がつむぐ物語―」宝塚市立文化芸術センター

名称:「髙田光治のミクロコスモス劇場展―粘菌と胞子がつむぐ物語―」宝塚市立文化芸術センター
会期:2023年7月29日(土)~9月3日(日)
会場:2F メインギャラリー
観覧料:一般 1,000円
   ※中学生以下 無料
   ※パートナー特典対象
主催:宝塚市立文化芸術センター[指定管理者:宝塚みらい創造ファクトリー]
後援:神戸新聞社
住所:〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-64
TEL:0797-62-6800
URL:宝塚市立文化芸術センター

美術家の髙田光治は、日頃から意識しないと見えない小さな存在である粘菌(変形菌類)を採取・観察し、そうした粘菌をテーマに数年間にわたって作品を制作しています。本展では、森の微小生物たちと美術家・髙田光治との言葉のない対話から生まれたコラボレーション作品をとおして、粘菌たちが織りなすミクロコスモス(微小世界)を視覚的に感じていただく試みです。
また、宝塚市立文化芸術センターは文化芸術の複合施設とナチュラルガーデンとが一体化した施設です。本展は、土壌のエッセンスともいえる粘菌たちの世界を紹介することにより、センターの特色である 《アート》と《ガーデン》という異なるふたつの世界をつなぎます。
さらに、会期中はトークイベントや、いつでも参加可能なワークショップスペースを設置するなど、来場者が「見て・参加して・楽しむ」展覧会です。
見ようと意識しなければ視界に映らず存在すら認知されない、それでも生態系の一員として活発に活動している“森の静かな守りびと”の世界に、この夏そっと入り込んでみませんか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る