「軌道共鳴 – orbital resonance」CENTER/SANUKI

「軌道共鳴 – orbital resonance」CENTER/SANUKI

名称:「軌道共鳴 – orbital resonance」CENTER/SANUKI
会場:2023年8月5日(土)~2023年9月11日(月)
会場:CENTER/SANUKI
開館時間:13:00 〜 18:00
休館日:火曜日、水曜日、木曜日
オープニングパーティー:2023年8月5日(土) 18:00 から 22:00 まで
入場料:無料
住所:〒760-0054 香川県高松市常磐町1-6-13
URL:CENTER/SANUKI

高松市・常磐街の路地裏に位置するスペース、CENTER/SANUKIにおいて、nyke、TOUCHU、Aitoneの三組によるグループエキシビジョン『軌道共鳴 – orbital resonance』を8月5日(土)より開催いたします。
福岡出身、現在は東京を拠点としてペインティングやドローイングを主体に制作するAitoneと、同じく東京ベースで植物などの自然物に魅せられ創作活動を行なうTOUCHU、そしてペインティング、ドローイング、シルクスクリーン、コラージュなどさまざまな技法と素材を用いた作品を発表する福岡出身・在住のnyke。アウトプットされる作品は三者三様ながら、グラフィティ・カルチャーや路上観察といった共通項を持つ三組が、長年の親交のなかで初めて顔を揃える展示となります。
作家はともに、6月初旬に高松を訪れ、街を歩き、路地に分け入り、そこで暮らす人々と交流し、瀬戸内の景色、色彩を目の当たりにしました。それらのリサーチを経たことで、作品表現における三組の接点を安易に“それっぽく”見出すのではなく、高松という土地で得た視点や感触や匂いを自身の表現にそれぞれ落とし込み、それらを集める。といった展示内容へと収斂していきます。その関係性は、展示タイトルである『軌道共鳴』にも込められています。また、TOUCHUにおいては、高松・瓦町駅すぐのフラワーショップ「茎」や、LIMA COFFEEの展開する「KOBE AGAVE SHOP」とも連携した作品を発表予定のほか、香川県・琴平町の「Kotier」が本展とコラボレートする形でキューブ食パンを創作、毎週月曜にCENTER/SANUKIにおいて限定販売いたします。LIMA COFFEE監修によるオリジナルブレンドのハンドドリップコーヒーもご用意と、地域とアートと生活をフラットに結びつける本展、ぜひご高覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る