「テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本」山梨県立美術館

「テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本」山梨県立美術館

名称:「テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本」山梨県立美術館
会場:2023年9月9日(土)~11月5日(日)
開館時間:9:00~17:00(最終入場16:30まで)
会場:特別展示室
休館日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)
観覧料:一般 1,000円(840円) 大学生 500円(420円)
    ※( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金
    ※高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳持参)
    ※県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料
主催:山梨県立美術館、テレビ山梨、朝日新聞社
後援:イタリア大使館、NHK甲府放送局、山梨日日新聞社・山梨放送、テレビ朝日甲府支局、朝日新聞甲府総局、毎日新聞甲府支局、読売新聞甲府支局、産経新聞甲府支局、共同通信社甲府支局、時事通信社甲府支局、山梨新報社、日本ネットワークサービス、エフエム富士、エフエム甲府
協力:ヤマザキマリ、山梨交通、甲府青年会議所
住所:〒400-0065山梨県甲府市貢川1-4-27
TEL:055-228-3322
URL:山梨県立美術館

「テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本」山梨県立美術館
「テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本」山梨県立美術館

人類史上に輝く繁栄を誇った古代ローマ。なかでも日本人が深い関心をよせるものの一つがテルマエ(公共浴場)であり、ヤマザキマリ氏による漫画『テルマエ・ロマエ』はテルマエへの親近感をより一層高めました。
本展では、同漫画の主人公ルシウスが案内人となり、古代ローマのテルマエとともに、日本の浴場文化も紹介します。
ルシウスが浴場をとおして日本と古代ローマを往復したように、それぞれの浴場文化を体感することのできる機会となるでしょう。

「テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本」山梨県立美術館
「テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本」山梨県立美術館
《アポロとニンフへの奉納浮彫》 イスキア島ニトローディの温泉出土 ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini
《アポロとニンフへの奉納浮彫》 イスキア島ニトローディの温泉出土 ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini
《恥じらいのヴィーナス(ウェヌス・プディカ)》1世紀
ナポリ国立考古学博物館蔵
Photo © Luciano and Marco Pedicini
《恥じらいのヴィーナス(ウェヌス・プディカ)》1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini
《ヘタイラ(遊女)のいる饗宴》1世紀
ナポリ国立考古学博物館蔵
Photo © Luciano and Marco Pedicini
《ヘタイラ(遊女)のいる饗宴》1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini
《銅製把手付ガラス壺》3~4世紀
MIHO MUSEUM蔵
《銅製把手付ガラス壺》3~4世紀 MIHO MUSEUM蔵
三浦宏《湯屋模型》1980年代 個人蔵 撮影:石﨑幸治
三浦宏《湯屋模型》1980年代 個人蔵 撮影:石﨑幸治
土佐光起《武田信玄像》貞享5年(元禄元年・1688) 山梨県立博物館蔵
※展示期間:9月9日(土)~10月9日(月・祝)
土佐光起《武田信玄像》貞享5年(元禄元年・1688) 山梨県立博物館蔵 ※展示期間:9月9日(土)~10月9日(月・祝)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る